AMD:Asset management for/by Medical Doctorsでタグ「Pension」が付けられているもの

おはようございます、嶋田です。BGIのiシェアーズはプライベートエクイティのCVCキャピタル・パートナーズに売却されるようで。。

中小企業の退職金共済、加入対象拡大へ (NIKKEI NET 2009/4/8)

厚生労働省は7日、自前で退職金制度を持てない中小企業が加入する中小企業退職金共済制度(中退共)の加入対象を拡大する検討に入った。同居の親族だけで事業を運営する個人事業主を対象に加える方針だ。経営環境の厳しい自営業者を支援し、福利厚生の向上を目指す。6月をめどに制度の詳細をまとめる。
対象は個人事業主でも、税制上の特典を受けられる青色申告をした事業主とする。加入によって、事業主の家族が退職金をもらえるようになる。対象拡大で数十万人が新たに加わる見通し。今後、家族の退職の認定方法などを詰める。
(引用終わり)

中小企業退職金共済制度

基本的に医者には退職金なんかありません。フリーランスなんかになれば401kなどへの加入が可能ですが、掛け金は月68000円が上限でまだまだショボイです。ふむふむ、フリーランスで青色申告すれば家族が中退共にも加入できるできるようになるわけですね。

こんばんは、嶋田です。今日は花見がてら千鳥ヶ渕を通って六本木でぶらぶらしてました。陽気も手伝って非常に混雑していました。以前から行こうと思っていた雑貨ショップは久々のヒットで買いすぎました。さらにマッキントッシュ大好きな嶋田はバーニーズで春コートをゲット。今日は花見と買い物の日でした。
さて、モーニングスターが401kアドバイスサービスを始めるようです。以下に引用します。

モーニングスター、確定拠出年金の運用をサポート (NIKKEI NET)

logo.gif金融商品評価会社のモーニングスターは4月末から、運用実績で受給額が変わる確定拠出年金(日本版401k)の加入者1人ひとりに、投資信託など具体的な運用商品選びを助言するサービスを始める。加入者は年齢や資産状況に応じ、株式、債券など運用資産の配分比率や「お薦め商品」のアドバイスを受けられる。相場が急変したときの対処法も相談できる。米国ではこうした第三者による401k向け運用助言サービスが普及しているが、日本では珍しい。
(引用終わり)

もっと日本でも401kが認知、容認されれば良いのですが。。さらに最大拠出額増額も待たれるところです。では。

2009/3/3のNews clipping

日本-カタール戦を見てしまっている嶋田です。こちらは悪い話ではありません。以下に引用します。

確定拠出年金、限度額5000円上げ要望 厚労省方針 (2008/11/19/ NIKKEI NET)

厚生労働省は2009年度の税制改正で、確定拠出年金(日本版401k)の掛け金の非課税限度額を最大5000円引き上げるよう要望する。企業が拠出する掛け金に従業員が上乗せする「マッチング拠出」の解禁と合わせ、401kの使い勝手を高める。
掛け金の非課税限度額は企業が損金算入できる上限。現行の限度額は企業年金を持たない企業で1人当たり月額4万6000円、他の企業年金を併用している企業なら2万3000円。厚労省はそれぞれ5000円、2500円の引き上げを要望する。
労使双方が掛け金を負担するマッチング拠出の導入は、政府が10月末にまとめた追加経済対策に盛り込まれた。マッチング拠出が非課税限度額の枠内か枠外かが焦点だったが、厚労省は限度額の枠内とすることを決めた。
(引用終わり)

今回は企業型確定拠出年金にかんする要望になります。現在年間81万6000円の拠出が可能な個人型確定拠出年金ですが、こちらの限度額引き上げもお願いしたいですm(_ _)m

おひさ〜、嶋田です。
随分間が空いてしまいましたが、生きています。
夏季休暇はゆっくりできてリフレッシュしました。食って飲んで寝て海って感じで。今は昔、既にガツガツ働いています。今年は例年のハワイから趣向を変えて、HK+BALIにしましたがなかなか良かったです。この年で初BALIでしたが、意外に清々しい気候、強烈な日差しで随分日焼けしました。

さて、旅行報告は今後少しずつしていきますが、まずは期待のニュースから。
確定拠出年金(日本版401k)の掛け金の非課税限度額が引き上げられるかもしれない、というものです。これは是非やってもらいたい。
リンク先でも記事があります。

ゆうきさんのブログ「ホンネの資産運用セミナー
エッジさんのブログ「幸せなお金持ち的日記

さらにNIKKEI NETより引用します。

非課税限度額上げ要望 日本版401kで厚労省
 厚生労働省は2009年度の税制改正で、確定拠出年金(日本版401k)の掛け金の非課税限度額の引き上げを要望する。企業が拠出する掛け金に従業員が上乗せして資金を出す「マッチング拠出」の解禁も求める。政府が6月にまとめた「骨太の方針2008」が、制度改正の結論を年内に出すと明記したのを受け、実現の可能性は高まっているとみている。ただ税収減を懸念する財務省は依然として慎重で、税制改正の焦点の1つになりそうだ。
確定拠出年金は掛け金を加入者の投資判断に基づいて債券や株式などで運用し、運用実績に応じて老後の受取額が変わる年金。自営業者らが加入する「個人型」と、企業が社員のために提供する「企業型」がある。3月末で約280万人が利用している。
(引用終わり)

おはようございます、嶋田です。
人気ないとはいえ一応トップですから。

以前、記事にしたこともあるSBI証券(旧SBIイートレード証券)の個人型確定拠出年金用の投資信託ラインナップが増えていました。悪い話ではありません。
関連記事: フリーランス医師の年金 (2007/02/09記事)

・ダイワ/"RICI(R)"コモディティ・ファンド 販売手数料3.15% 信託報酬1.87%
・シュローダー BRICs株式ファンド 販売手数料3.675% 信託報酬2.02%
・SBI資産設計オープン(資産成長型) 販売手数料なし 信託報酬0.71%
・朝日ライフ 日経平均ファンド 『愛称 : にぃにぃGo』 販売手数料2.1% 信託報酬0.53%
・野村 外国債券インデックスF(確定拠出年金) 販売手数料なし 信託報酬0.22%

当然目を引くのが「スゴ6」ことSBI資産設計オープン(資産成長型)です。これについては以前記事にしました。ETF@fanのここでも紹介しています。
さらに信託報酬0.22%と格安の野村 外国債券インデックスF(確定拠出年金)の導入も見逃せません。外国株式は中央三井 DC外国株式インデックスファンドしかない状況は変わりませんが、スゴ6と外国債券インデックスFの参入でバリエーションが増えました。
ジムのRICIシュローダーのBRICsもありますが、コストは高いです。債券重視型の年金運用あるいはバランスファンドでの運用を考えているなら SBI証券は一気に最も有望な年金運用証券会社になるわけです。


BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

嶋田が撮影加工した写真満載のHDR Practitionerというfotologもやってます。各種問い合わせはtadanobushimada@gmail.comまで

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   





アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

センプレ

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13