AMD:Asset management for/by Medical Doctorsでタグ「Securities」が付けられているもの

MAGF4、出とります

おはようございます、嶋田です。いまさらながらMan AHL Guaranteed Futures 4 (90% Guaranteed) Ltdのお知らせです。僕はMAGF1とMAGF2をそこそこ買っていて、恐慌の中もなかなかのリターンで乗り越えています。何というか、パフォーマンス自体は安心してみていられる商品ということです。medium-term capital growthの商品になります。

今回はMAGF4がHSBC Hong KongやBOOMで今月末まで購入できるので念のためお知らせです。買う買わないは当然ながら自己責任でお願いします。

Man AHL Guaranteed Futures 4 (90% Guaranteed) Ltd targets medium-term capital growth over the life of the product with a 90% capital guarantee and a profit lock-in feature.

man-ahl-gtd-fut-4-img.jpgMaturity Date: 31 October 2017 (tenor: 8 years)
Offer Period: 5 October 2009 to 30 October 2009 << HSBC HKでは10/31までです!
Inception Date: 12 Nov 09
Denominated Currency: United States Dollars
Min. Initial Investment: USD 10,000
Min. Additional Investment: Any Amount
Min. Redemption: 2,000 Shares
Initial Sales Fee: 0%
Redemption Fee: 4% before 2011/10/31, 3% 2011/11/01-2012/10/31, 1% 2012/11/01-2013/10/31, 0% thereafter
presentation slide >> here

では。ちなみに今回、僕は買いません(笑)。

こんばんは、嶋田です。円高きそうです。近隣ブログでは外債ETFが9月30日に東証上場されるということで盛り上がっています。

上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型 (1677) 信託報酬0.2625%

グロゾブ投信よりマシじゃね?って話のようです。

シティグループ世界国債インデックス連動の国内ETFが登場! (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)

国内初の海外債券指数連動型ETF とうとう登場 (NightWalker's Investment Blog)

日興アセットマネジメント様にお詫び申し上げます。 (rennyの備忘録)

さて、可もなく不可もないBOOM証券ですが最近郵便が届きました。Monthly Statementを郵送してもらうと毎月10HKDの手数料をとられるようです。まぁそりゃそうですね。海外顧客が多くなるにしたがいコスト高にもなり、このような証券会社は最初からペーパーレスが基本なのでしょう。
2009年11月から手数料は反映されるようなので皆さん手続きをしておきましょう。では。

おはようございます、嶋田です。
巷は3連休だそうで。。僕は働いています、残念。。

さて、リンク先でも話題になっていますがIBこと、インタラクティブ・ブローカーズが日本進出するということです。でも当面は機関投資家の注文に限るようですが。。以下のリンク先に記事があります。

インタラクティブ・ブローカーズが日本進出
(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
米国ETFの投資が容易に・・・、米大手証券会社が日本に進出
(幸せなお金持ち的日記)
米証券大手が日本進出 世界70取引所の商品扱う
(乙川乙彦の投資日記)
interactive brokersが日本で営業開始計画あり 国外口座だからと無法をしていた人はガクブル
(雄牛と熊と欲豚と クマーな投資ブログ)

さらにNIKKEI NETにも記事がありましたので以下に引用します。

米証券大手が日本進出 世界70取引所の商品扱う
米証券大手のインタラクティブ・ブローカーズは近く日本での営業を始める。注文を電子的に自動処理することで比較的安い手数料を実現。同社を通じ、世界17カ国の70取引所に上場する金融商品をリアルタイムで日本から発注できる。投資家にとっては多様な海外の金融商品を割安な手数料で売買しやすくなる。当初は機関投資家の注文に限るが、将来は個人投資家からも受け付ける方針だ。
まず海外商品の取り扱いを強化したい日本の証券会社からの注文取り次ぎから開始。営業店舗は持たず、売買はネット経由のみとする。
(引用終わり)

BSTの利回り

こんばんは、嶋田です。
幾分マシになったとはいえ、BSTの利回りは残念な感じです。

mmf1.png

おはようございます、嶋田です。ポンドがユーロに追いつかれ抜かれる日を指折り数えています。ポンド安推進派ですが暴落→ユーロへの切り替えは避けてほすぃところです。
さて、今年もそろそろ終わりで仕事も増えてきましたが最悪のネタがクリスマス前に発表されていたので皆様にも不運をお分けしたいと思います。

WisdomTree Announces Change from Annual to Quarterly Dividend Distribution for International ETFs

We are pleased to announce that both our domestic and international equity ETFs will
make quarterly dividend distributions and believe the new payment schedule for our
international lineup will benefit Fund shareholders," said Bruce Lavine, WisdomTree
President & COO. "The move is particularly well-suited to our dividend-focused funds
as many investors use these funds for an equity income component of their portfolios.

やれやれ、DRIPできない証券会社を使っている人はシーゲル派破門です。BOOM嫌いじゃありませんが、これを機にFirstradeに乗り換えるか、今は日本人新規口座開設が止められているIBにするか、マネックスでボーグル派として息を潜めるかの3択かもしれません。年4回も分配を出されるとBOOMでは手元には何も残りませんので。。
あっ、「雄牛と熊と欲豚と」さんでもネタになってました。では良いお年を~。

研修医のバイトの件

おはようございます、嶋田です。
マネックス証券楽天証券SBI証券でもSTAM新商品はノーロードになるようで何よりです。以下のリンク先でも取り上げています。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
マネックス証券でもSTAM新興国株式&債券インデックス・オープンがノーロード!
やっぱり楽天証券でもSTAM新興国株式&債券インデックス・オープンがノーロード!
SBI証券でも例のSTAMがノーロード

NightWalker's Investment Blog
マネックス証券&楽天証券 STAM 新興国株式&債券インデックス・オープン  取り扱い開始
SBI証券 STAM 新興国株式&債券インデックス・オープン 取り扱い開始

昨日YOMIURI ONLINEにこんな記事がありましたので以下に引用してみます。
研修医278人が違法アルバイト、厚労省が全国調査

大学卒業後の初期研修中に違法なアルバイト診療をしていた研修医が、臨床研修制度が義務化された2004年度から昨年度までに、研修医の所属する61病院、278人に上っていたことが8日、厚生労働省の調べで明らかになった。
経験の浅い研修医のアルバイト診療は、医療事故につながる危険性が高いことなどから、04年施行の改正医師法で禁止されている。違法バイトの全国的な状況が判明したのは初めて。今回の結果は、保健所の定例検査で偶然見つかったケースや研修病院の自主報告を集めたもので、氷山の一角の可能性もある。

嶋田です。12000円をゲットできそうですw
VTが出れば終わりなんですが、楽天証券とSBI証券でVGK・VWO・VPL3銘柄の取扱いを開始するようです。Morningstarによればマネックス証券でも取り扱うようです。

バンガードがETF3本の金融庁への届出を完了、近日中にマネックス、楽天、SBI証券で購入可能に」(Morningstarファンドニュース)

以下の相互リンク先でも記事になっています。
楽天証券、バンガードETF3銘柄追加!エマージングETF、欧州ETFなど」(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)
楽天&SBI バンガード 3銘柄新規取り扱い!」(NightWalker's Investment Blog)
新興国株ETF「VWO」が来ます - 楽天証券及びSBI証券」(投信で手堅くlay-up!)
新興国ETFの本命登場! 楽天、SBI、さらにマネックスも」(幸せなお金持ち的日記)

・Vanguard European ETF (VGK) 信託報酬0.12%
・Vanguard Pacific ETF (VPL) 信託報酬0.12%
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO) 信託報酬0.25%

ナイスなニュースです。さっさとVEUあるいはVTをよろしくお願いします。

オバマ氏はイケメンらしいですよ、奥さん。そうかしら。。。
嶋田です。かなりネタ不足です。廃業です。

さてこんな記事がありますので以下に引用します。
マネックス証券、海外ETFの銘柄11本追加」(HF-KLUG)

マネックス証券は11月4日、リクソー・アセット・マネジメント社が運用するETF11本を追加した。
今回追加された海外ETFは、香港証券取引所に上場されているETF11本。新興国、欧米諸国の株式市場に投資するETFや、商品に投資するETFが取引可能となる。

リクソーETF コモディティーズ CRB(02809)
・ベンチマーク:ロイター/ジェフリーズ CRB インデックス
・エネルギー、貴金属、工業金属、穀物、家畜など19種の商品先物に投資し、ベンチマークとの連動を目指す。
・管理報酬等:年率0.65%

リクソーETF MSCI インディア(02810)
・ベンチマーク:MSCI インディア
・インドの株式市場に投資し、ベンチマークとの連動を目指す。
・管理報酬等:年率0.85%

リクソーETF MSCI 韓国(02813)
・ベンチマーク:MSCI コリア
・韓国の株式市場に投資し、ベンチマークとの連動を目指す。
・管理報酬等:年率0.65%

リクソーETF MSCI エマージング・マーケット(02820)
・ベンチマーク:MSCI エマージングマーケットインデックス
・新興国計27ヶ国(ブラジル・中国・韓国・台湾・ロシア等)の株式市場に投資し、ベンチマークとの連動を目指す。
・管理報酬等:年率0.65%

こんばんは、嶋田です。
COURRiER Japon 2008年 11月号」では、ジョージ・ソロス氏がポジションは明かしてくれはしないけど「この危機から抜け出す方法」をなんかを語っています。今回の暴落では「損はしませんでしたが、得もしませんでした」とな。さすがです。
AFPでは「バフェット氏、今後も米国株式の買い継続 優良企業に長期投資」なんて記事があります。さすがです。
NIKKEI NETでは「ネット証券の口座開設、申し込み急増 個人「買い時」と判断」という記事があります。これまたさすがです。僕の周りでも今回の暴落を機に株式市場に興味を持った人間もいます。この数年は絶好の仕込み時だと思われますので、以下に紹介する有力金融機関なんかを検討してみてください。

マネックス証券
海外ETFの取扱いも開始し今後バンガードのETFを積極的に取り扱っていく可能性が高いと思われます。良質な投資信託も数多く、利用価値の高いネット証券です。

SBI証券
海外ETFはもちろん、為替などにおいても一歩リードしている感のあるネット証券。住信SBIネット銀行との組み合わせで月3回まで他行振込手数料無料など幅広いサービスが受けられます。さらに確定拠出年金積立プラン(個人型401K)も取り扱っており、大きく下がった外国株式インデックス投信で年金運用することができます。

楽天証券
ネット証券、海外ETFの老舗であり、今後も良質な金融商品を世に送り出すパイオニアであり続けるでしょう。

セゾン投信
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは安い信託報酬で株式・債券を1:1のバランスで運用することができる投資信託です。月5000円からの積立運用ができることも魅力です。

はい、どうも。金融株でごっつぁんです。ベアではこんなことしかできません。
今回はショートETFは使いませんでした。気になっちゃうんですよね、ショートって。嶋田です。

本日よりマネックス証券でボーグル銘柄のETFが2本売買できるようになります。早速どこも記事にしています。

マネックス証券、バンガードETF2銘柄取り扱い開始正式発表 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)
マネックス証券 待望のバンガード社 2銘柄追加(NightWalker's Investment Blog)
マネックス証券 - 本日よりバンガードETF取扱い (投信で手堅くlay-up!)
マネックスがバンガードETFのVTIとVBの取り扱いを開始 (ホンネの資産運用セミナー)
バンガード@マネックスさん (かえるの気長な生活日記)

monex_vgd.gifVTIとVBだけですが大きな前進です。素晴らしい。あとはVTをお願いします。

【VB】 VANGUARD SMALLCAP ETF [バンガード スモールキャップ]
ベンチマーク: MSCI US スモールキャップ1750インデックス
・ 米国中小型株市場に投資
・ 管理報酬等 : 0.1%
・ AMEX 上場

【VTI】 VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF [バンガード トータルストック]
ベンチマーク: MSCI US ブロードマーケットインデックス
・ 米国市場全体に投資
・ 管理報酬等 : 0.07%
・ AMEX上場

おはようございます、嶋田です。
人気ないとはいえ一応トップですから。

以前、記事にしたこともあるSBI証券(旧SBIイートレード証券)の個人型確定拠出年金用の投資信託ラインナップが増えていました。悪い話ではありません。
関連記事: フリーランス医師の年金 (2007/02/09記事)

・ダイワ/"RICI(R)"コモディティ・ファンド 販売手数料3.15% 信託報酬1.87%
・シュローダー BRICs株式ファンド 販売手数料3.675% 信託報酬2.02%
・SBI資産設計オープン(資産成長型) 販売手数料なし 信託報酬0.71%
・朝日ライフ 日経平均ファンド 『愛称 : にぃにぃGo』 販売手数料2.1% 信託報酬0.53%
・野村 外国債券インデックスF(確定拠出年金) 販売手数料なし 信託報酬0.22%

当然目を引くのが「スゴ6」ことSBI資産設計オープン(資産成長型)です。これについては以前記事にしました。ETF@fanのここでも紹介しています。
さらに信託報酬0.22%と格安の野村 外国債券インデックスF(確定拠出年金)の導入も見逃せません。外国株式は中央三井 DC外国株式インデックスファンドしかない状況は変わりませんが、スゴ6と外国債券インデックスFの参入でバリエーションが増えました。
ジムのRICIシュローダーのBRICsもありますが、コストは高いです。債券重視型の年金運用あるいはバランスファンドでの運用を考えているなら SBI証券は一気に最も有望な年金運用証券会社になるわけです。


Man AHL Guaranteed Futures 3

使い回しはやめてください、嶋田です。
日本人の大好きなマン社のヘッジファンドの購入が5000USD/AUDから購入できます。
関連記事: BOOM.COMよりMan AHL Guaranteed Futures 2 Ltdのoffer mailが来ました (2007/06/18記事)


Man AHL Guaranteed Futures 3 Ltd (USD-Class)

The investment objective of Man AHL Guaranteed Futures 3 Ltd (USD-Class Shares) is to achieve substantial medium-term capital growth while providing the security of a 90% capital guarantee from Credit Suisse International (the "bank") and a Profit Lock-in Feature.
In addition to USD-Class Shares, you can also subscribe AUD-Class Shares. The investment objective of Man AHL Guaranteed Futures 3 Ltd (AUD-Class Shares) is to achieve substantial medium-term capital growth while providing the security of a 105% capital guarantee3 from the bank.

The key features are:
・A choice of USD Shares or AUD Shares
・Capital guarantee - 90% for USD Shares or 105% for AUD Shares
・Profit lock-in feature may increase USD Shares' guaranteed amount to 105%
・Targets substantial medium-term capital growth over 6.5 years
・Access to the AHL Diversified Programme
・Low correlation to stocks and bonds
・Minimum investment of USD/AUD5,000
・No Sales Charge

こんばんは、嶋田です。ミャンマーも中国も大変なことになっています。わが国も他人事ではありません。

さて海外ETFのパイオニア楽天証券が新たにインベスコ・パワーシェアーズのETFを8本追加するようです。

情報ソースはヘッジファンドクルーク
以下に一部引用します。

楽天証券は13日、米ETF提供会社インベスコ・パワーシェアーズが米国で上場しているETF8銘柄について、16日より取扱を開始すると発表した。いずれもパワーシェアーズが独自に設定・運用する「インテリジェント・インデックス」タイプのETFとなっている。

新規に取扱を開始するETF8銘柄は次の通り。

PowerShares Dynamic Asia Pacific Opportunities Portfolio(PUA)
PowerShares Dynamic Developed International Opportunities Portfolio(PFA)
PowerShares Dynamic Europe Portfolio(PEH)
PowerShares FTSE RAFI Asia Pacific ex-Japan Portfolio(PAF)
PowerShares FTSE RAFI Developed Markets ex-U.S Portfolio(PXF)
PowerShares FTSE RAFI Europe Portfolio(PEF)
PowerShares Global Clean Energy Portfolio(PBD)
PowerShares Global Water Portfolio(PIO)

同社発表によると、「インテリジェント・インデックス」とは、インデックスの提供会社が独自の分析を通して組成し、積極的なキャピタルゲイン獲得を目指すインデックス。インベスコ・パワーシェアーズは、そのインデックスに連動を目指してETFを運用する。
「インテリジェント・インデックス」は、伝統的なパッシブ運用によるリターンとアクティブ運用からのリターンの特性を併せ持ち、一般的なアクティブ運用型投資信託よりも低コストである点が魅力であるとしている。 今回の銘柄追加により、楽天証券の取扱う米国ETF銘柄数は54銘柄になる。
インベスコ・パワーシェアーズは、運用資産残高で業界第4位のETF運用会社で、主力商品である「インテリジェント・インデックス」連動ETFの上場本数は100本以上にのぼる。なお、8銘柄の国内取扱開始に先立ち、同社サイトで、ETF情報の提供が13日より始まっている。
楽天証券では、16日の国内約定分(注文受付開始は15日15時)より、8銘柄のETFを取扱銘柄として追加する。

(引用終わり)

相互リンク先でも既に話題になっています
楽天証券がインベスコ・パワーシェアーズの米ETF八本を国内で販売開始」(敗者と勝者のゲームーWinning the Loser's and Winner's Game)

再び嶋田です。
野村證券は僕もよく利用します。ほとんど外貨MMFなんですが「野村、ヘッジファンド指数連動商品を販売」なんてニュースがあります。そのうち記事にしようと思います。

さて久しぶりに野村證券の外国ETF取扱い銘柄を見てみると大きく拡大しているではありませんか。早速新たに加わった取扱商品を以下に示します。もちろんETF@fanにもアップしました。

iShares FTSE BRIC 50 (BR50)
€建て/FTSE BRIC50 Index連動/信託報酬0.74%/ミラノ証券取引所

iShares MSCI Turkey (ITKY)
€建て/MSCI Turkey Index/信託報酬0.74%/ミラノ証券取引所

iShares S&P Groval Water (IH2O)
€建て/S&P Groval water Index/信託報酬0.65%/ミラノ証券取引所

iShares S&P Listed Private equity (IPRV)
€建て/S&P Listed Private equity Index/信託報酬0.75%/ユーロネクスト・アムステルダム

iShares MSCI INDIA (INDIA)
$建て/MSCI INDIA Index/信託報酬0.99%/シンガポール証券取引所

どうも、嶋田です。 現在0.26%のマネックス貸株金利が2008年3月から年率0.55%に大幅UPするようです。悪い話ではありません、意外と1306を持っている僕としては寝当直一回分弱になるでしょう。バカにできません。 さらにMENA(Middle East and North Africa)とアジアを投資対象とした中東・北アフリカ/アジア株式ファンドが出ました。別にアジアは要りません、MENA部分のアセットアロケーションは不明ですがどうなんでしょう。申込み手数料は100万円未満で2.1%、信託報酬率は年1.9975%程度ということです。資料請求はこちらから

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

嶋田が撮影加工した写真満載のHDR Practitionerというfotologもやってます。各種問い合わせはtadanobushimada@gmail.comまで

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   





アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

センプレ

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13

BLOG links



アクセスランキング

Investment data

  為替 YOMIURI

  為替 YAHOO

  為替 KITCO