2008年8月アーカイブ

再度、嶋田です。
月の記事数10を確保するためにFFNでもネタにします。以下にhyatt gold passportから引用します。


Faster Free Nights(無料宿泊特典)を獲得するチャンスがさらに広がりました。

2滞在毎に無料宿泊を1泊獲得
さらに、対象となる2滞在毎に2,000ボーナスポイントを獲得
MasterCard®でお支払いください。

2008年9月1日〜12月30日

無料宿泊を無制限に獲得
ハイアット ゴールドパスポートへのご入会がまだの方は、今すぐご入会ください。入会済みのお客様も、プロモーションへのご登録が必要です。 2008年9月1日から12月30日までの期間中、対象となる2滞在毎に無料宿泊を1泊プレゼントいたします。 ご予約時とチェックイン時ににハイアット ゴールドパスポート会員番号をご提示ください。

無料宿泊をすぐにあなたのものに

Faster Free Nights Award(無料宿泊特典)を獲得されると、お客様のハイアット ゴールドパスポートのアカウントが自動的に更新されます。ご滞在記録やアワードを確認するにはgoldpassport.comの「プロモーションアワード−ハイアット」をご覧ください。 Faster Free Nights Awardのご予約は、2008年9月15日から2009年2月28日までの期間中に、goldpassport.comをご利用いただくか、最寄りのハイアット ワールドワイド リザベーションセンターまでお電話いただき、オファーコード「FFNF08」をお申し出ください。

マスターカードで2,000ボーナスポイントを獲得

無料宿泊に加え、ご宿泊料金をマスターカードでお支払いただくと、対象となる2滞在毎に2,000ボーナスポイントも獲得できます。 マスターカードのお申し込みは、mastercard.comをご覧ください。
獲得いただける無料宿泊とボーナスポイントに上限はありません。(引用終わり)



嶋田です。
ブログを開設して早2年が経過しました。約40万アクセスと多くの方が訪問してくださり感謝の言葉もありません。ありがとうございますm(_ _)m

自分には2周年のお祝いとして「iPhone」を買ってみました。これは実際使ってみて久々に「大当たり」な商品でようやく「CLIE」から撤退することができました。充電池の容量が少ないのが難点ですが、そんなことはどうでもいいくらいに満足しています。

あと少しサイトが重いのと古めかしくなってきてので、引越しを考えています。当然MTでの作成を検討しています。それ程プログラムやらには詳しい方ではありませんが、何とかなりそうです。9月中には引越しになりそうです。その際にはご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたしますm(_ _)m

おはようございます、嶋田です。
NIKKEI NETに「医学部定員、760人増員へ 09年度入学者分」なんて記事があります。以下に引用します。


文部科学省は29日、医師不足に対応するため特例的に医学部定員の増員を認める方針を打ち出したのに対し、各大学が2009年度入学者分で計約760人の増員を検討していると発表した。
実現すれば総定員は約8560人となり、過去最多だった1982年度の8280人を大きく上回ることになる。国立42校、公立8校、私立29校の計79大学すべてが増員を検討しているという。
文科省は今月5日、医学部を持つ大学に対し、入学定員を増やすよう求める通知を出した。新たに必要になる教職員の人件費を補助するなどの支援策を盛り込んだことから、多くの大学が定員増に踏み切ることを決めたとみられる
前回紹介した試案では2009年度400人増だったので、随分増えました。全体的に前倒しになりそうです。やれやれ。

さて医療関係では最近「医療格差の時代」なる本を読みました。著書の米山氏はアフィリエイトを通して小銭をいただきお世話になりました。医師の現状、心理なんかを綴ったものです。全体的にはよくまとまっているのだろうと思います。

145ページには「フリーターの医者の増加」なんかありフリーランス医師の問題点として「新しい医療知識や技術についていけなくなる危険」を指摘しています。まぁそういうこともあるでしょうが、最後には本人の努力次第であることを米山氏もおっしゃっています。
フリーランス医師の最大の問題点は個人的なヤリガイに帰結するわけで、フリーランス化した医師のほとんどはヤリガイを見失い再常勤化するのでしょう。社会的には「週3労働の医者がいると税金の無駄」と指摘されていますが、日勤や当直で常勤の負担を軽減する非常勤の役割は大きいわけで一概に「フリーター医=悪」ではないのです。

トランスアミナーゼ上昇中の嶋田です、針刺し経験はありますがCではありません。本日のNIKKEI NETで「医学部定員1.5倍 10年後、地域偏在を解消」なんてのがあります。随分とまぁ広き門にするようですが、いかがなものでしょう?これは医師側の意見。一般的には「医者は多けりゃ多い方がいい」と安心政策とされています。財源は不明。以下に引用します。


厚生労働省の「安心と希望の医療確保ビジョン具体化に関する検討会」(座長・高久史麿自治医科大学学長)は24日、大学医学部の定員を10年後に現在の1.5倍の1万2000人程度にすべきだとの中間報告書骨子案をまとめた。提言は2009年度から定員を年間400―500人ずつ増やす内容。病院に勤務する医師が不足し、地域医療が崩壊の危機にひんしていると判断、医師数を抑制してきた政策を転換する。
中間報告書は27日に開く会合で正式にまとめる。厚労省は医師養成数を今年度の約7800人から、来年度は過去最多の8300人程度にする方針を決めていたが、「中長期ビジョン」として継続的に増やす内容を盛り込む。医学部の定員を管理している文部科学省と連携し、来年度の予算で100億円程度を要求する。(引用終わり)

ですって。

忙しくて麻布十番祭りにも行けず、シケた夏です。掲示板でもいろいろあるようですが、上記の増員計画はこんな感じのようですね。

出所: 「医師数、今後10年間増」に及び腰?(キャリアブレイン)

2009年度から400人ずつ増やして10年後の2019年をピークに7年間維持し、その後400人ずつテーパリングしていく。単純計算では58000人の増員か。現在の医師数は27万人位だから2割増くらいになります。医師養成には6年間かかりますのでタイムラグはありますが、10年後には初期4年分の4000人、20年後には初期14年分の35000人、30年後には初期24年分の58000人の増員が医師免許を獲得しているはずです。まぁ医学部での進級と医師国家試験である程度は落とされますし、女性医師は増加傾向で出産などでセミリタイヤしてしまう、医師免許を取得しても臨床医になるとは限らないし、その数も増加傾向のようですから実際は不明です。

こんばんは、嶋田です。
各銀行が改悪を続ける中、月3回まで他行振込無料とか外貨送金無料(銀行内同一通貨外貨振替無料の間違え)とか奮闘する「住信SBIネット銀行」の新規口座開設がパンクしているようです。以下に「住信SBIネット銀行」のホームページから引用します。


【口座開設をお申込みのお客さまへ】口座開設の遅れに関するお詫び

現在、口座開設の申込件数が急増しており、通常時よりも口座開設に日数を要しております。
申込書類が当社に到着してから、キャッシュカードがお客さまのお手元に届くまで約2週間から3週間ほどお時間を頂戴しております。
大変申し訳ございませんが、何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。
なお、円定期預金特別金利キャンペーンは、ご好評につき期間を延長し2008年9月28日(日)まで実施する予定です。
本キャンペーンへのお申込みを検討されているかたで、まだ当社の口座をお持ちでないお客さまにおかれましては、上記事情をご賢察のうえ、2008年8月中に口座開設をお申込みいただきますことをお勧めいたします。(引用終わり)



さて、先日行った香港ですが毎度の事ながら非常にむし暑かったです。東京もあまり変わりませんが、そんな中いつも行くところが「鏞記酒家」です。香港好きなら知っている方も多いでしょう。ピータンとグースをひたすらに食べ散らかすところです。

香港では毎回行きます。今回も行きましたが最近は非常に混んでいて予約をしておいた方が無難です。

おはようございます、嶋田です。
昨今のいわゆる「医師不足」で売り相場と思われるフリーランス医師市場。そこに変化が起きているようだ。当ブログでも何度も記事にしているわけだが、健診などの簡単な業務の相場は下落基調。リンクしているdrarbeitさんのブログ「アルバイト医師の日記」で興味深い記事があったのでご紹介します。以下に一部引用します。


実は「マターリ病院勤務医・・・」は先日先に分派している。厳密なフリーター医師ではなく、極楽老人病院などに常勤として勤務しつつバイトも行い、パフォーマンスを高めようという人たちの一派だ。この中には医師アルバイト市場の市況悪化により、フリーから常勤に戻った先生が結構いるようだ。 今回私が問題視しているのは「ウハウハなフリーター医師(先発組が多い)」と「儲からないならせめて時間を重視しようというフリーター医師(後発組が多い)」との間で齟齬が生じ、とても一緒にやっていけないよ!ということで分派してしまったことだ。過去のスレッドではフリーター医師をその参入時期でセフェム系抗生剤の如く「第一世代」「第二世代」「第三世代」と分ける論調がみられた(詳しくは過去ログを参照のこと)。簡単に言えば「フリーター医師」が珍しかった「第一世代」はボロ儲けできたが、フリーター医師が珍しくなくなった最近に参入した先生は全然儲からないということなのだ。先発組は後発組の「安い仕事をガツガツ受けるありさま」に嫌気が差し、後発組は先発組の収入自慢に嫌気が差し、袂を分かってしまったのだ。まあ、フリーターでやっていく気概のある先生にはゴルゴ13のように独立自尊の先生も多いだろうから、団結してやっていくのはもともと難しいのかもしれない。 持論を展開して恐縮だが、三浦展や山田昌弘の本に書かれているような問題が、我々の業界でも着実に進行しているのだ。つまり医師版「下流社会」の到来である。先日記事にした「逃散した先で起こっていること」を見ても分かるように、原因のひとつは医師の労働市場の自由化である。医局支配が弱まり、「逃散」が恒常化して奴隷に甘んじる医師が減ったのだ(結婚・子育てなどで高率にフリーターになる、女医の増加も原因のひとつだろう)。もうひとつが医療費の抑制による賃金下落である。前者によってフリーター医師が増加し(広義には、フリーター医師に「マターリ勤務医」も含めて良いだろう)、後者によるバイト代の下落が起こっているのである。そのために、特に新規参入したフリーター医の収入が減っているのだ。先発のフリーター医師は美味しいバイトを握って離すはずが無く、後発組は安いバイトを奪い合うことになる。

では、この問題の解決にはどうしたらいいのだろうか。いくつか対策を挙げてみたい。
1.ダンピングの自粛:先日の検診の記事でも書いたが、苦しくても安いバイトは受けないこと。安いバイトに飛びつけば、必ず足元を見られてさらに賃金は下落する。これは全国のフリーター医師が一斉にやらなければ意味がないので、「フリーター医師集まれ」のスレッドなどで呼びかけを行っていくべきだ。検診の多い時期に、「M●T検診放置プレイ強化キャンペーン」などを行ってみてはどうだろうか。また、「M●Tコンタクト放置プレイ強化キャンペーン」を断続的に行う。放置すれば必ず値上げされる。値上げできない医療機関は淘汰されるべきだ。
2.医師紹介業者を介さないバイト融通を推進:医師紹介業者は広告料・手数料で稼いでいる。彼らは原則として我々から直接料金を請求することはないが、医療機関は彼らに相当のお金を払っているわけだ。これが美味しいからこそ、現在どんどん業者が生まれているわけである。このお金は病院の負担になり、経営が厳しくなれば廻りまわって我々の賃金の下落をもたらす。長期的に、この存在が我々の収入に響いてくるだろう。勿論、紹介業者を使っても良いが、美味しい案件は(すぐには無理でも、徐々になら絶対可能)直接取引に持ち込もう。先発のウハウハなフリーター医師はほとんど直接契約で美味しいバイトを囲い込んでいるはずだ。なかなか譲ってはくれないだろうが、人脈作りに励んで美味しいバイトを分けてもらうことが最重要である。また、医師紹介業者のサイトにも美味しい案件が出ることもある(すぐ取られるが)ので面倒くさがらずに頻繁なチェックを欠かさないこと。これを行ったうえで、バイト仲間を作って美味しいバイトを共有し、守り抜くのが最も得策である。一人だけでは急用、病気などでバイトに穴を開けかねない。医療機関との直接取引では、信用が第一である。バックアップし合える仲間を作ろう。・・・実は、これが一番言いたかったこと。フリーター医師こそ団結しないと闘えないのだから。バイト仲間を作って頑張ろう。

あと10年は医師不足が続く。医師不足さえ解消されなければ、美味しいバイトは必ずある。頑張ろう。
(引用終わり)



おはようございます、嶋田です。特にナイスなネタがあるわけでもありません。
マネックス証券が米国ETFの取扱いを開始したようです。以下のリンク先でご確認ください。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
NightWalker's Investment Blog
カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!
敗者と勝者のゲームーWinning the Loser's and Winner's Game

マネックス証券のホームページで取り扱い銘柄を確認できます。非常に凡庸でした。こちらからご確認ください。バンガード商品はなく楽天なんかと代わり映えしませんね。今後に期待しましょう。

さて、今年の夏季休暇はHong KongとBaliという組み合わせで行ってきました。そのエアラインとホテル、レストランなどについて誰も知りたくないと思われる部分を記事数稼ぎのために、記事にしていきたいと思います。

Hong Kong
エアラインはANAを利用しました。貯まりすぎているマイルでビジネス特典航空券をゲットしましたので快適でした。成田まではNEXを利用しチェックイン〜搭乗までは、以前紹介したショートカットルートを利用してスムースでした。スターアライアンス・ゴールドであるメリットはここで最も感じることができます。
機内ではCAが挨拶に。あとは飲んだくれで「アイロンマン」を見ているうちに香港についてしまいました。いやー、近かった。羽田から行くことも可能でしたが、まだ便数が少なく時間帯もあまり好ましくなかったので今回は成田からでしたが、今後は羽田を利用しより快適に行けると思われます。
昨年の一月の香港では飛行機を降りたところに、空港職員が名前のプラカードを持っていてカートで出口まで連れて行ってくれましたが、今回は便名をホテル側に伝えるのを忘れていたせいか、職員の方はいませんでしたので普通に歩いて入国しました。やはり香港の空港は大きいのでカートに乗せてもらうと楽なので次回からはオファーしようと思います。
入国後はタクシーでホテルへ行き、チェックインしてという普通の流れです。
以前に記事にしましたが、僕は中環のランドマーク・マンダリンが好きなんですね。近年はここしか泊まったことがありません。部屋はいつもどおりスパ・コーナー。完全にワンパターンです。それがリラックスにつながるわけです。アメックスプラチナを利用するとチェックイン時の状況により、無料でアップグレードしてくれたりしますが、このホテルではスパコーナーが良いのでアップグレードなしでチェックインしました。
部屋はこんな感じです。



こんばんは、嶋田です。以前、医療用白衣に関してアンケートをお願いしました。
おかげ様で89名もの方から回答をいただき本当に感謝です、ありがとうございましたm(_ _)m

アンケート結果については何回かに分けて報告させていただく予定です。まず当ブログを見ていただいている医師の方で今回アンケートに参加いただいた方は以下の通りでした。

①性別
男性78名(87.6%)
女性11名(12.4%)

②年齢
〜20歳  1名(1.1%)
20〜24歳 2名(2.2%)
25〜29歳 16名(18.0%)
30〜34歳 19名(21.3%)
35〜39歳 19名(21.3%)
40〜44歳 17名(19.1%)
45〜49歳 9名(10.1%)
50歳〜  6名(6.7%)

③勤務形態
勤務医 65名(73.0%)
開業医 12名(13.5%)
フリーランスドクター 8名(9.0%)
学生 4名(4.5%)

④専門科目
内科系 37(41.6%)
外科系 14(15.7%)
精神科 7(7.9%)
麻酔科 6(6.7%)
歯科 6(6.7%)
放射線科 4(4.5%)
小児科 3(3.4%)
耳鼻咽喉科 3(3.4%)
泌尿器科 3(3.4%)
眼科 2(2.2%)
学生 2(2.2%)
皮膚科 1(1.1%)
その他 1(1.1%)
産婦人科 0(0.0%)
基礎領域 0(0.0%)

1割強の方が女性医師であることには驚きました。完全男子校だと思っていましたから(笑)。さらに先輩医師の方が非常に多いことにも驚き恐縮しております。6割くらいは僕より年配の方のようです。当然母集団から勤務の先生方が多いのは当たり前なのですが、8名のFDの方がアンケートいただいているというのが特徴でしょう。専門科目について満遍なく妥当なところでしょう。

おひさ〜、嶋田です。
随分間が空いてしまいましたが、生きています。
夏季休暇はゆっくりできてリフレッシュしました。食って飲んで寝て海って感じで。今は昔、既にガツガツ働いています。今年は例年のハワイから趣向を変えて、HK+BALIにしましたがなかなか良かったです。この年で初BALIでしたが、意外に清々しい気候、強烈な日差しで随分日焼けしました。

さて、旅行報告は今後少しずつしていきますが、まずは期待のニュースから。
確定拠出年金(日本版401k)の掛け金の非課税限度額が引き上げられるかもしれない、というものです。これは是非やってもらいたい。
リンク先でも記事があります。

ゆうきさんのブログ「ホンネの資産運用セミナー
エッジさんのブログ「幸せなお金持ち的日記

さらにNIKKEI NETより引用します。

非課税限度額上げ要望 日本版401kで厚労省
 厚生労働省は2009年度の税制改正で、確定拠出年金(日本版401k)の掛け金の非課税限度額の引き上げを要望する。企業が拠出する掛け金に従業員が上乗せして資金を出す「マッチング拠出」の解禁も求める。政府が6月にまとめた「骨太の方針2008」が、制度改正の結論を年内に出すと明記したのを受け、実現の可能性は高まっているとみている。ただ税収減を懸念する財務省は依然として慎重で、税制改正の焦点の1つになりそうだ。
確定拠出年金は掛け金を加入者の投資判断に基づいて債券や株式などで運用し、運用実績に応じて老後の受取額が変わる年金。自営業者らが加入する「個人型」と、企業が社員のために提供する「企業型」がある。3月末で約280万人が利用している。
(引用終わり)

         たまには休ませていただきます。しばし休暇中です。

         

                                  嶋田忠信

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   



アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13