2009年1月アーカイブ

おはようございます、嶋田です。GWや夏休みの予定を立てました。仕事柄ドタキャンになるリスクはありますが、海外に行こうとするとマイレージを使いたくなるもので仕方がありません。同時に両親の分のチケットもマイレージで購入しました。
マイレージというのはどんどん貯まるのはいいのですが、使うのが非常に難しいのが現状です。Edyに換金できたり、ANAサイト内での利用と徐々に用途は拡大していますが、やはり航空券に換えるのが最も効率がいいようです。
僕のオヌヌメはANAマイレージを使ってVirgin atlanticのupper classでロンドン往復航空券ゲットです。ANAビジネスクラスより快適でナイスです。

さて、またもや日経WagaMagaネタ。彼が凡人であることが判明したようです。以下に一部抜粋引用します。

全日空マイレージを賢く使う (日経WagaMaga)

・ANA(全日本空輸)を上手に利用するには、マイレージの活用が欠かせない。手荷物を無料で運んでもらえるサービスや、無料の事前座席指定など、知らないと損をする情報も多い。
・空港のラウンジ(羽田、伊丹空港)が使えるようになった上、優先搭乗、優先保安検査場の通過(羽田、伊丹空港)、手荷物優先受け取りによるスピーディーな搭乗などのメリットも提供されています。主要空港では専用カウンターで搭乗・手荷物預かりを受け付けてもらえるので、時間が節約できる上、ストレスも軽くなるはずです。
・ラウンジで過ごす時間は、一般用待合室での時間とは、質が段違いです。ビジネスでの出張であれば、インターネットに無線LANで高速アクセスできて、仕事の準備がはかどります。飲み物やおつまみを口にしながら、搭乗時間間際までゆったりくつろげるのは、大人の上質旅にふさわしい過ごし方でしょう。

こんばんは、嶋田です。
アメックスのホームページに「エアポート・ミール・クーポン」なんてサービスがあるようです。以前あった「アメックス羽田定食」を想起させますが、詳細を以下に引用します。

エアポート・ミール・クーポン

メンバーシップ・トラベル・サービスにて本特典の対象となる国内線航空券をご購入いただいた方に、羽田/伊丹空港内の対象飲食店にてご搭乗当日にご利用いただけるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)を差しあげる特典です。

■「本特典対象の航空券」
ご搭乗日の1週間前までにメンバーシップ・トラベル・サービスにて購入されたJALおよびANA(グループ会社を含む)の羽田/伊丹空港発国内線航空券です。

※対象航空券1枚につき1,000円相当分のエアポート・ミール・クーポンを1枚、対象航空券発送時に同封してお届けいたします。
※羽田/伊丹空港乗り継ぎ便の国際航空券は対象外となります。
※その他対象航空券の詳細につきましてはメンバーシップ・トラベル・サービスまでお問い合わせください。

こんばんは、嶋田です。アメックスプラチナ経由でハイアットリージェンシー箱根に宿泊予定でしたが、急な仕事で断れずキャンセルしました。既にキャンセル料100%でしたのでアメックスに聞いてみると、「両親が行ってもOK」ってなことでそうしました。こういうところはカード会社を経由した場合の利点かもしれません。

さて、本日の毎日新聞にこんな記事がありました。以下に引用します。

<在宅終末期患者>苦痛緩和のため「医師の車」を緊急車両に

在宅医療を受ける終末期患者の苦痛を和らげるため、国土交通省と警察庁は09年度から、緊急治療に駆けつける医師の専用車両を、緊急自動車に認定することを決めた。救急車と同様に交通規則の一部が免除され、優先走行などが許可される。従来は渋滞に巻き込まれ医師の到着が遅れることが問題化していた。国交省は「医療の場が多様化する中、必要な対策。不足しがちな救急車の補完にも有効だ」と話している。
(引用終わり)

「これで僕の車も緊急車両? 」って、そんなはずもありません。

国交省自動車交通局によると
(1)医療機関の所在地が終末期患者の自宅と離れている
(2)医師に終末期医療の実績がある

こんな要件が付いています。終末期だけかよ !!

おはようございます、嶋田です。
巷は3連休だそうで。。僕は働いています、残念。。

さて、リンク先でも話題になっていますがIBこと、インタラクティブ・ブローカーズが日本進出するということです。でも当面は機関投資家の注文に限るようですが。。以下のリンク先に記事があります。

インタラクティブ・ブローカーズが日本進出
(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
米国ETFの投資が容易に・・・、米大手証券会社が日本に進出
(幸せなお金持ち的日記)
米証券大手が日本進出 世界70取引所の商品扱う
(乙川乙彦の投資日記)
interactive brokersが日本で営業開始計画あり 国外口座だからと無法をしていた人はガクブル
(雄牛と熊と欲豚と クマーな投資ブログ)

さらにNIKKEI NETにも記事がありましたので以下に引用します。

米証券大手が日本進出 世界70取引所の商品扱う
米証券大手のインタラクティブ・ブローカーズは近く日本での営業を始める。注文を電子的に自動処理することで比較的安い手数料を実現。同社を通じ、世界17カ国の70取引所に上場する金融商品をリアルタイムで日本から発注できる。投資家にとっては多様な海外の金融商品を割安な手数料で売買しやすくなる。当初は機関投資家の注文に限るが、将来は個人投資家からも受け付ける方針だ。
まず海外商品の取り扱いを強化したい日本の証券会社からの注文取り次ぎから開始。営業店舗は持たず、売買はネット経由のみとする。
(引用終わり)

嶋田です。年明けから市場は横ばいから上昇の兆しをみせています。
そろそろ行きますか? 債券売って株を買う、債券売ってインフレ連動債を買うなんて。デフレ懸念なんのそのです。

さて、最近ピックアップが多くなってきた日経WagaMaga。今回は「、「That's ANA マニュアル 公式ガイドブック 」の著書である鳥海高太朗氏の記事になります。前回、凡庸記事でガッカリさせてくれた彼はまたやってくれました。やれやれ。以下に一部引用します。

史上最お得なANA運賃が登場 (日経WagaMaga)

・ANAの国際線では普通運賃以外に、ビジネスクラスの正規割引運賃「ビジ割」とエコノミークラスの正規割引運賃「エコ割」があり、2008年10月からは新たにさらにお得度の高い「スーパーエコ割」が登場しました。これまでの「エコ割」を上回る割引率が設定されていて、今一押しのリーズナブル運賃と言えます。
・欧州便で6、7万円、アジアなら2、3万円という価格設定(燃油サーチャージや空港税などの諸経費を含まず)はかなりお得感があります。しかも、空席率(予測)が高いほど、価格が安くなる仕組みも導入されています(一部路線は対象外)。予約時点で弾き出す予測空席状態を基準に、運賃タイプが変わる新手法です。パソコンや携帯電話で予約・購入すると、「WEB割」が適用されて、最大で4000円も安くなるのもありがたいところです(出発日前日まで)。ただし、マイレージを使ったアップグレードは申し込めないのは、「エコ割14」と同じです。マイレージへの換算率も同じく70%です。購入後の予約変更はできません。

こんばんは、嶋田です。
幾分マシになったとはいえ、BSTの利回りは残念な感じです。

mmf1.png

おはようございます、嶋田です。
昨日の記事に続き、アメックスセンチュリオンカードネタです。プププッ。

アメックス黒カードは旅に絶強 (日経WagaMaga)

・言葉の壁さえ、センチュリオン・カードは打ち破る。たとえ、英語が得意ではなくても、専用の予約サービス「センチュリオン・サービス・センター」経由で、センチュリオン・カード会員用の提携ホテルを予約しておけば、チェックイン時にカードを示すだけで、自動的に1ランク上の部屋にアップグレードされる。「空室があれば、上のクラスに変えてほしいんだが......」と、たどたどしい英語を話す必要はない。
・「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」のリストには、世界各地のザ・リッツ・カールトンやザ・ペニンシュラ、パーク・ハイアット、マンダリン・オリエンタル、フォーシーズンズなど、名だたる名門ホテルが名を連ねる。主立った都市で提携ホテルが見付からないという事態は考えにくい。
・骨休めで泊まるなら、「スモール・ラクシャリー・ホテルズ」という別のくくりも用意されている。世界の著名人、ビッグマンが秘かに身を預ける小体な名宿を集めたラインアップだ。こちらもアップグレード特典付き。予約状況次第では、アーリー・チェックインとレイト・チェックアウトの両方が受けられる。半日近くも長くいられて、しかも料金は一般宿泊者と同じ。これこそ特権だろう。
・退屈な時間になりがちな空港でのフライト待ち時間。でも、センチュリオン・カードホルダーにはラウンジでの滞在が保証されている。カード取得後に登録すると、国内外の主要空港でラウンジに無料で通してもらえる「プライオリティ・パス」がもらえるからだ。

こんばんは、嶋田です。「あの人」の記事ではないようですが、日経WagaMagaにこんな記事がありました。以下に一部引用します。

これがアメックス黒カードの実力だ (日経WagaMaga)

・2007年までの年会費は約17万円。一般的なゴールドカードの年会費が1万円程度であるのと比べると、格段に高い。しかし、後に述べる特典、サービスを上手に使えば、年会費を上回ると感じられるようなもてなしが受けられるかも知れない。
・最初に届いたカードはプラスチック製だったが、後にチタン製のカードが追加で送られている。つまり、センチュリオン・カードホルダーはプラスチックとチタンの2枚を持っているわけだ。チタン製はずっしりと重く、表面はつや消し処理が施されている。ふだんはプラスチックを使い、特に高級なショップやホテルではチタンを出すといった使い分けをしている人もいるという。
・予約を入れにくい人気の宿やレストランに、センチュリオン会員向けの部屋や席を確保してくれているのは、プレステージ感の高いサービスだ。『ミシュランガイド東京2008』で3つ星を獲得した最高級フレンチ「レストラン ロオジエ」(東京・銀座)もその1つ。もともと3カ月先まで予約で一杯という状態が続いていたが、ミシュラン効果で名前が知れ渡り、ますます高嶺の花となった感がある。しかし、センチュリオンのサービス・センターに頼んでおけば、一般の予約よりずっと早くに席を確保できる。しかも、センター経由で複数候補日を示してもらって、その中から選ぶことも可能だ。
・ほとんど知られていない事だが、会員は配偶者にもセンチュリオンカードを渡せる。パートナーも自分名義の黒いカードを持ち歩けるのだ。しかも、配偶者以外の家族(18歳以上)にはプラチナカードを用意してもらえる。いささかならず大きい年会費支払いではあるが、家族全員にメリットがあるとなれば、負担感は多少変わってくる。

年末年始の稼ぎも終わり、明日から通常業務になります。やれやれ、休む間もありません。
既に過剰供給と言われている「歯科医師」、それに続いているのが「薬剤師」だそうです。その後に「医師」が続くのでしょう。やれやれ。新年最初の記事は暗い感じの内容です。
時々、医療界ネタを提供してくれる「ZAITEN (財界展望) 2009年 02月号」の特集は【薬剤師「失業時代」】ということです。
嶋田は医師をしておりますが、あまり薬剤師業界のことを知らなかったようです。やや過大表現は目立ちますが、すこし薬剤師業界について調べるきっかけになりました。以下に「ZAITEN編集者ブログ」より特集記事概要を載せておきます。

■ 特集
薬剤師「失業時代」

「薬剤師不要」コンビニ・スーパーでの大衆薬の販売開始
ドラッグストア業界を"黒船"が襲おうとしている。2009年4月からの「薬事法改正」だ。薬剤師がいなくても新設の「登録販売者」をおけば大半の大衆薬が販売できるようになる。業界は不安の真っ只中だ。
「供給過剰」薬剤師の仕事とカネ
25万人にも及ぶ日本の薬剤師。いま、その業界を「供給過剰」との予測が静かに揺さぶっている。長年、医薬分業の進展で「需要拡大」しか経験してこなかったため、その衝撃は計り知れない。そんな薬剤師の生態をレポートする。
「薬科大学・薬学部」濫造の罪と罰
私立大学の薬学部は、この5年で57校に急増。国公立大学を合わせると74校に上る。だが、薬学部6年制の導入で多くの学部が定員割れを起こしている。このため授業料などの値下げ競争に突入し、経営は一気に苦境へ。同時に薬剤師の大量出現を引き起こしている。

あけましておめでとうございます。本年も当ブログともどもよろしくお願いいたします。

嶋田宅にもあるAndy Warholの「Cow」です。

cow.png

Einthoven, 嶋田忠信, Risarisa

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   



アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13