2009年8月アーカイブ

おはようございます、嶋田です。

当ブログもノラリクラリで3周年を迎えることと相成りました。このしょうもないブログが地味に継続されているのも、ひとえにアクセスしてくださる方々あってのこととだと思っております。また、リンクしていただいているブロガーの方に厚く御礼申し上げます。さらに50万アクセスも達成ということで重ねてお礼申し上げます。


今後も地味にストレスにならない程度に続けていきたいと思っておりますので、HDR Practitionerともども、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


2009年8月28日 Einthoven, 嶋田忠信, Risarisa

 

おはようございます。嶋田です。医師アルバイト市況はlow stableな状況が続いています。長期的にはさらなる低迷が避けられないように思いますが、やはり常勤給与においては地方の方が有利なようです。以下にCBニュースから引用します。

「一般病院」医師の月給に8万5千円の"逆"地域格差 (CB News)

全国病院経営管理学会がまとめた「病院給与・勤務条件実態調査」によると、「私的病院」のうち、「地方」の「一般病院」に勤務する非管理職の医師の2008年7月の給与は、「都市」の医師よりも8万5372円高い「逆地域格差」が生じていた。
(中略)
「私的病院」を最も多い病床種別に「一般病院」(123病院)と「精神病院」(21病院)に区分すると、「一般病院」の医師の給与は97万426円(39.2歳)、「精神病院」は97万8542円(40.5歳)だった。「一般病院」を地域別に見ると、東京都や医育機関所在地の「都市」(81病院)では95万1556円(39.5歳)、その他の地域を示す「地方」(42病院)では103万6828円(38.0歳)で、「地方」が8万5272円高かった。これに対し「精神病院」では、「都市」(9病院)が104万3362円(42.5歳)、「地方」(12病院)が96万4653円(40.0歳)で、都市が7万8709円高かった。
(後略, 引用終わり)

僕のようなほぼ平の医師は地方で稼いだ方が良いということでしょうか。同記事に掲載されている表には院長・副院長・医局部科長・一般医師・歯科医師と役職別の給与も比較されており、一般病院においては院長給与が都市部で月30万円以上高いということになっています。年取ったら都市部のマターリ病院で院長なんてのも悪くないかもしれません。では。
 

おはようございます、嶋田です。あまり読むことのなかった「週刊エコノミスト」。ここ2回ほどは医療特集で読んでいます。目新しい話もありませんが以下に紹介しておきます。

20090821org00m020024000p_size5.jpg◇【特集】病院崩壊
・放漫経営で自治体病院の8割が赤字 改革は待ったなし
・山形県 日本海総合病院の誕生 診療科を集約 初年度から大幅収益改善
・福岡県 改革の大ナタを振るう すべての県立病院の直営を廃止
・国立大学病院 今年度8割が赤字の見込み 研究体制も崩壊に瀕している
・私立大学病院 思い切った人材とマネジメント力の強化が必要
・データで見る医師・病院不足 「医療供給」のアンバランスが医師不足を感じさせている
・経営が悪化した自治体病院を引き継ぐ社会医療法人
・医師不足を補う 「ナースプラクティショナー」にかける期待
・医療資源の適正配分 求められる地方分権と医療統計の整備
・DPCデータの蓄積で病院も患者も利益を得る
・レセプト、健診データの活用で医療の質向上と効率化を
・医療機関もグローバル化を目指す

前回の特集は「バイオ医薬」でありこれもなかなか良かったです。以下の記事のような特許切れに絡む2010年問題などの記事も豊富です。では。
後発薬「2010年」で大競争 特許切れで新薬勢も参入へ (Business i)

おはようございます、嶋田です。残暑お見舞い申し上げます。

先週の日経ヴェリタスに「貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」でおなじみの橘玲氏の記事が掲載されていました。記事内容は彼が著書でもしきりに勧める「マイクロ法人」関連で、「貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」の内容を要約したような形になっている。記事タイトルは印象的で

--税の矛盾を逆手に無リスクで利益--

となっています。この「無リスク」ということが最近では貴重なものとなっていることは投資をしている方なら実感としてわかるでしょう。「税制上いちばん不利なサラリーマンに対して、税制上もっとも効率のいい設計は個人と法人というふたつの人格を使い分けている」と同氏は強調しています。さらに「節税が素晴らしいのは、正しい知識さえあれば無リスクで利益が得られるということ」だと続けています。実際このスキームを利用することには、難しいことも多いかと思われますが可能な人は多いはずです。医師としても昨今増えているフリーランスの方などは、色々思いつくことも多いでしょう。しかし医師の場合は多くはグレーゾーンから違法となることを注意してください。ある種の形態では同様のことが可能と思われますが、実態が大切でしょうね。

タグクラウド内のGreat MasterはJeremy Siegel氏, John C. Bogle氏, Jim Rojars氏などのために作ったタグですが、今回から橘玲氏にこのタグを付けさせていただきました。いろいろお世話になっていますm(_ _)m

こんばんは、嶋田です。コンチネンタル航空には一度しか乗ったことがありません。アメリカの某医学会に急に出席することになった時に、フロリダまでのチケットがコンチネンタル航空でしか取れなかったという経緯です。あまり好きな航空会社ではありません。今回、そのコンチネンタル航空がスターアライアンスに加盟することになりました。

米コンチネンタル航空、10月27日に「スターアライアンス」加盟へ (REUTERS)

米コンチネンタル航空は17日、10月27日に、ユナイテッド航空の親会社UALなどが加盟している国際航空連合「スターアライアンス」に加盟する見込みであることを明らかにした。10月24日にデルタ航空などが加盟する「スカイチーム」を脱退するとしている。
「スターアライアンス」は1997年に形成され、加盟航空会社は20社以上。1日当たり1万7000機の航空機を160カ国に向けて飛ばしている。コンチネンタル航空は、同社のマイレージプログラム「ワンパス」について、メンバー口座を変更する必要はなく、マイレージ残高も影響を受けないとしている。
(引用終わり)

以前からこんな経過がありましたので順当な話です。
コンチネンタル航空にスターアライアンス加盟を勧める (スターアライアンス)

まぁ、一般的には加盟航空会社が増えることは良いことかなとも思いますが、逆に悪いこともあるかもしれません。嶋田の航空会社ランキングは
1. ルフトハンザ
2. ヴァージン・アトランティック
3. 全日空
って感じです。では。 

おはようございます、嶋田です。嶋田個人としての今回の衆院選争点はいわゆる「医師不足」に対する対応かな。民主には入れないことが確定しますた。

医師不足、2016年に7.7万人 日経センター試算 (NIKKEI NET)

日本経済研究センターは、医学部定員増の効果が出る直前の2016年に日本の医師不足が7.7万人に達するとの試算をまとめた。17年以降は医師の数が増えても、三重県や広島県などでは高齢化で患者数が増えるため、30年でも医師不足が続くとの見方を示した。問題解決のためには、医学部などに医師の地域偏在を是正する仕組みを作る必要があると提言した。
医師不足を解消するために、今後10年かけて医学部の定員数を現在の1.5倍に拡大するとの政府方針に沿い、将来の医師数を推計した。試算は現在でも全国で7.2万人の医師不足が生じていると指摘。医学部定員を増やしても医師として仕事をするには8年かかるため、医師の不足数はピーク時の15年に7.8万人に達すると予測した。
(引用終わり)

「民主書きすぎ、自民書かなさすぎ」―マニフェストに日医 (CB News)

医師、歯科医師の月給は据え置き―人事院勧告 (CB News)

山形県、県立病院の未収金収納を債権回収会社に委託 (NIKKEI NET)

「サーブ」売却先はスウェーデン高級車メーカー (YOL)

ファーストクラス客、成田―都心をヘリ送迎 全日空と森ビル (NIKKEI NET)

こんばんは、嶋田です。ドルコスト派でもどん底で買い続けた方はそろそろプラ転している頃でしょうか。単一国ETFとしてはdb-trackersがメジャーであるとは思いますが、Van Eck Globalからも登場しました。以下に一部引用します。

Market Vectors Vietnam ETF (VNM) GROSS EXPENSE RATIO 1.42%

VNM, The First Single-Country Frontier Market ETF (Seeking Alpha)

(前略)
The underlying index, Market Vectors Vietnam Index, is owned by 4asset-management and currently has 28 constituents. To qualify, companies must generate at least 50% of their revenues from Vietnam or hold a dominant position in the Vietnamese market. Today, that means that ~68% of the index is composed of locally listed companies, with the other 32% being comprised of companies from Singapore (7.5%), United Kingdom (6.0%), Malaysia (5.1%), India (4.7%), Canada (4.5%), and others.
Currently, sector exposure is heavily tilted toward financials at 36.7%, followed by energy (19.1%), materials (12.3%), industrials 12.2%, and consumer staples 10.8%. The top holdings include Viet Nam Dairy Products (11.2%), Hoa Phat Group (7.3%), Saigon Thuong Tin Commercial (7.3%), HAGL (7.3%), PetroVietnam Fertilizer & Chemical (5.5%), and PetroVietnam Drilling and Well (4.7%).
Expenses for the new ETF are estimated to be 1.42% but will be capped at 0.99% until May 2010. The ETF is listed on NYSE Arca and options are expected at a later date.
(後略, 引用終わり)

VN indexではなくMarket Vectors Vietnam Indexなるものを採用しているので現状では3割強がベトナム以外の企業を買うことになりますので注意してください。香港でも買える3087はようやく出来高が増えてきました。

おはようございます、嶋田です。お盆は開業医が休診であることが多いので、総合病院一般外来はパンクです。勘弁してください。

教祖様のお言葉です。しかと聞いてください

"If you live in Hong Kong, convert 20,000 every day; it's a slow way to get rich," said Jim Rogers, chairman of Rogers Holdings, in an interview last week in Singapore. He said he buys yuan "whenever I get the chance."
Bloomberg.comより引用)

HKDよりRMBの方が将来有望だ、ってなことです。僕も以前、ゴミ投資家らしく人民元口座を開くことを考えた時期もありましたが結局、中国本土があまり好きでないということもあり見送ったという経緯があります。最近では間接的に人民元に投資できる商品も増えてきており、直接保有する必要もあまり感じてません。現在はもっぱらCYB専門ですが値動きはあまりありません。
教祖ジムのおっしゃる「RMB>HKD」という予想ならCYBの中身である「RMB>USD」ということでOKです。HKDは今後複雑な要素をその中に内包していることから容易にUSDペッグと思っていては痛い目を食らいそうですが、本当にRMB>HKD>USDという一般的解釈を信じていいものかどうか。嶋田は現在圧倒的にUSD保有率が高くなっていますが、RMBの代用であるCYBやHKD現物も多く保有しています。
資産形成期である現在は比較的安くなっているUSD、HKDも魅力的に見えますがどうなるでしょうか。では。
 

おはようございます、嶋田です。雰囲気が好きでときどき行っていた「EKKI」。昨日も行ったのですがあまりおいしくありませんでした。シェフが変わったのかな。ギャルソンも話の盛り上がりに水を差すし、もう行かね。

さて、彼の経典によればそろそろ退却時期かもしれません。Bloomberg.comで発言されています。以下に引用します。

Mark Mobius Says China Stock Market Hasn't Entered a 'Bubble' (Bloomberg.com)

Mark Mobius said China hasn't entered a "bubble," citing government efforts to rein in bank lending. Global stocks face a "correction" of 20 percent to 30 percent this year because the increase in new initial share sales and bond issues will prompt investors to sell existing shares and buy stock in new stock sales, the executive chairman of Templeton Asset Management Ltd. said in an interview in Kuala Lumpur today.
(引用終わり)

中国はまだイケる!しかし今年中に30%程度の世界株価調整があるから覚悟しておけ!ってなことで基本的にブルッてます。嶋田個人としては既にかなり仕込んでいますので、今はニュートラル。ドルコスト分を積み上げるだけです。VXXもずいぶん安値になってきていますのでどうしたものか。この手の長期長持ちできない物は精神衛生上良くないのであまり買えませんが。。では。

こんばんは、嶋田です。来年から関西方面へ行かねばならないようです。引っ越しめんどくせぇ。レアメタルETFが東証に上場するようでジム派はこぞって買うことでしょう。以下に引用します。

貴金属ETF、英運用大手が東証に上場へ 白金・銀など5本 (NIKKEI NET)

上場投資信託(ETF)の英運用会社大手ETFセキュリティーズが日本に進出し、貴金属価格に連動するETFを東京証券取引所に上場する。上場するのは金、銀、白金、パラジウムに加え、これら4種類で構成する価格に連動するETF計5本で、今週内にも東証が上場承認する見通し。株式など伝統的な金融資産以外の分散投資先として注目を集めそうだ。
ETFは取引所に上場しているため取引時間中に機動的に売買ができ、通常の投信より手数料が安い。貴金属など商品系のETFは、現物投資で懸念される盗難の心配がいらず、保管コストも軽減できる利点もある。国内で現在、商品系ETFは金ETFなど4本ある。最近は原油価格連動ETFが上場するなどして認知度が高まりつつある。
(引用終わり)

ラグビー=2019年W杯は日本開催に (REUTER)

金総書記、週2回の透析治療中か (AFP BB News)
 

おはようございます、嶋田です。
嶋田はHSBC香港プレミアを利用していますが、日本にも口座を開設しています。目的は海外送金だけでしたが、利用価値がありそうなものが出ました。以下にHSBC日本プレミアより引用します。

HSBC プレミア インターナショナル・外貨キャッシュカード」の取扱いを開始 (HSBCプレミア プレスリリース)

HSBC プレミア インターナショナル・外貨キャッシュカードは、日本のHSBCプレミア マルチカレンシー外貨普通預金にお持ちの外貨を、当該国・地域の約1万9,000 台 のHSBC のATMや提携しているPLUS のATMで外貨(現地通貨)のまま直接引き出すことができる新サービスです。対象となる通貨は、米ドル、ユーロなど主要通貨のみならず新興国通貨も含めた22 種類で、お客様が希望される通貨ごとに外貨キャッシュカードを発行いたします。一般的な国際キャッシュカードサービスの場合は日本円の口座での決済となるため、海外ATMから引き出す都度、通貨交換が発生し為替手数料などを利用者が負担することになりますが、HSBC プレミア インターナショナル・外貨キャッシュカードの場合、日本でお持ちの外貨を現地で「そのまま」引き出すため、引き出し時の為替手数料はかかりません。さらに海外HSBC のATMで引き出す際には、ATM利用手数料はいただきません。提携ネットワーク(PLUS)で引き出す際は、場合により現地ATM管理会社の利用手数料が徴収されることがあります。
(後略、引用終わり)

当ブログでは当初より「外貨を外貨のまま」利用することを前提に記事を書いてきましたが、国内でも外資系によるものではありますが、この流れがようやく来たのでしょう。HSBCの場合、対象通貨が22通貨というところがすばらしく、今までは対象通貨の国のHSBCに口座を開設する手間が面倒でした。それが解消されかつ管理が一元化できるところが魅力でしょう。さらに他通貨引き出しの際も為替手数料も1%と安めであるところにも注目です。昨今海外口座維持に無駄なコストがかかる傾向がありますが、キャッシュについてはHSBCだけでOKと言えそうです。できることならデビットカードの発行をお願いします。
 

こんばんは、嶋田です。ときどきネタを提供いただいているキャリアブレインにこんなニュースがありました。以下に引用します。

医師、看護師とも「充足」の病院は8割強 (キャリアブレイン)

厚生労働省はこのほど、2007年度の医療法第25条に基づく立ち入り検査の結果を公表した。それによると、医療法に規定された医師と看護師の標準数を共に充足している病院は85.4%で、前年度から2.1ポイント増加した。これは、病院が医療法で規定された人員や構造設備を持ち、それを適正に管理しているかについて検査するもので、今回は全国の8268病院を対象に実施した。それによると、医療法に規定された医師の標準数を満たしている病院は86.9%で、前年度から1.9ポイント増加した。
地域別に見ると、「北海道・東北」70.6%、「関東」91.7%、「北陸・甲信越」82.1%、「東海」91.0%、「近畿」95.3%、「中国」87.0%、「四国」84.4%、「九州」88.9%となっており、全地域で前年度よりも増加した。病床規模別では、200床未満の病院で80%台だったのに対し、200床以上では90%を超えており、特に500床以上では97.7%に上っている。
(後略、引用終わり)

いろんな解釈ができるデータであるとは思われますが2007年度のデータで、やはり北海道・東北地方を中心に地域格差および200床未満を中心とした病院格差が目立ちます。勝手な想像ですが徐々に充足率は上がってきているのだろうと思われ、民主党がいうような医学部定員1.5倍なんかは増員総数は明記されていないもののあっという間に医師飽和~過剰へと発展することでしょう。やれやれ。

こんばんは、嶋田です。ネット証券の売買手数料競争が激化していますが、デイトレーダーではないのであまり興味がわきません。

ネット証券2社、手数料「業界最安値」競争 (YOMIURI ONLINE)

さて、勝手に送られてくる「日経メディカル」関連で年2回程度「MOMENTUM」というライフスタイル誌が送られてきます。別によくある富裕層向けの薄い雑誌です。企業とのタイアップによる広告収入を主な目的としていると思われ調べてみると、以下のような掲載料が見つかりました。

・パターンAMomentum純広告4C1P 160万円
・パターンBMomentumタイアップ4C1P 190万円
・パターンCMomentum純広告4C2P 260万円
・パターンDMomentumタイアップ4C2P 320万円

momentum.jpgへぇ~。医者を中心とした比較的裕福と思われる客層に効果的に不動産を紹介するということなのでしょうが、ここに書かれている読者平均年収に驚きます。

日経メディカル 開業医3064万円 / 勤務医1643万円
日経ベンチャー 経営層1621万円

ということです。随分もらってるなぁ~と思いましたがサンプルの平均年齢が以下の通りで納得しました。

日経メディカル 56.4歳
日経ベンチャー 52.8歳

日経メディカルってこんなに読者層が高かったのですか。ちょっと驚きです。45歳あたりだと思っていました。では。

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

嶋田が撮影加工した写真満載のHDR Practitionerというfotologもやってます。各種問い合わせはtadanobushimada@gmail.comまで

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   



アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13

BLOG links



アクセスランキング

Investment data

  為替 YOMIURI

  為替 YAHOO

  為替 KITCO