Ⅲ.Air lines/海外生活の最近のブログ記事

こんばんは、かなーり久しぶりです。嶋田です。
新天地での慣れない環境と仕事で少し疲れ気味だったので、ゴールデンウィークは香港に行ってきました。香港の5月はやはり暑いですね。まぁ、いつも通りの食う・寝る・買うというだけです。

特にSALEの時期でもないので激安ではありませんが、なかなか東京でゆっくり買い物をする時間もなかったので色々と買うことができましたね。最近のマイブームであるzadig & voltaireなんかを大量に購入したりとなかなかいい買い物もできました。

今回はANAのビジネスでの渡航で羽田からというスケジュールでした。夜中について夜中に発つという厳しい日程ではありますが、これはこれでなかなか良いものです。しかし羽田の国際線ターミナルは何とかならないものでしょうか?それと香港のUAラウンジの遠さ。
そこまで行く気力もなかったため、Caviar House & Prunierで白ワインとキャビアで気持ちのいいひと時を送って帰りました。これは定番になりそうな予感でした。ホテルは尖沙咀のHyatt Regencyに初めて宿泊しましたが、まぁまぁと言ったところでしょうか。昼間のクラブラウンジは空いていて気に入りました。

明日からまた忙しい毎日ですが、英気を養うことができたようです。また時間のある時にお会いしましょう。

追伸、ブログ更新は滞っていますが、パッシブ投資を中心に投資活動も継続しておりますので落ち着いたら記事にしていきたいと思います。さらにオリジナルの白衣も出来上がりましたので近々画像をアップし、読者プレゼントをしたいと思います。では。

こんばんは、嶋田です。診療報酬の本体部分は1.55%引き上げられるようで、どういう配分になるのでしょう。全体の引き上げは一定の評価は得られるでしょうが、中身を見てみないと分かりませんね。きっとタバコ増税やそれに伴い消費量減少による価格転嫁で喫煙者数が減少し、結果的に医療費抑制にはたらく方がよっぽど大きい額であると思われます。

診療報酬全体0.19%引き上げへ、大臣折衝で合意 (CB News)

たばこ、増税分以上に値上げの方針 JT社長 (asahi.com)

さて、ANAでは期間中にANAグループ運航便の利用でANAプレミアムポイントを12,500ポイント以上貯めると、ANAプラチナサービス(体験版)をプレゼントするというキャンペーンを行うようです。詳細は以下の通りです。

ana_platinum.jpg・キャンペーン期間: 2010年1月1日(金)~3月31日(水)まで
・キャンペーン内容: 期間中、キャンペーン参加登録のうえ、ANAグループ運航便のご利用で、ANAプレミアムポイントを12,500ポイント以上積算をしていただいた方に、2010年度ANA「プラチナサービス」(体験版)をご提供させていただきます。
・対象のお客様: ANA「プラチナサービス」ご体験キャンペーンのご案内をダイレクトメールまたはeメールで受け取られた方で、期間中にキャンペーン参加登録をしていただいたANAマイレージクラブ日本地区会員のお客様
・対象路線: ANAグループ運航便国内線・国際線全路線
・対象運賃 → こちら

うーん、既存のホルダーにとっては迷惑なキャンペーンです。ラウンジ混雑につながります。しかし、ANAアップグレードポイント、ANA スーパーフライヤーズカードのご入会資格、ANA AZUREの送付は対象外になるようですので注意ください。「わ~い、プラチナだ~!」といってもスーパーフライヤーになれるわけではありませんので気をつけてください。では。

おはようございます、嶋田です。嶋田のことをよく知る周りの人には驚かれるわけですが、つい最近結婚しました。嶋田は最も結婚しなさそうな部類の人間と思われていたようです。自分でも40歳まではしないだろうと思っていたわけですが、今回の勤務地変更に伴いそのようになったわけです。相手も長らく非同業者と思っていましたが、結局は医師であり自分のことながら分からんものです。

ana_family.jpgさて、そんな折にANAが家族でマイルが合算できるサービス「ANAカードファミリーマイル」を始めるようです。僕のアメックスプラチナやANAスーパーフライヤーゴールドカードをあっさりゲットした妻は僕のマイルまであっさりゲットするようになるわけです。恐ろしや。
まさに危ういJALでは昔から「JALカード家族ブログラム」というのがあって当たり前のようにマイル合算はできました。ANAの弱点とも言えたマイル合算に関して、ようやく重い腰をあげたというわけです。とはいえ、既存のANAカードホルダーには朗報で殊に最近伴侶を得た嶋田にもおそらく良い話なのだろうと思われます。

肝心のサービスは2010年4月からということで夏休み(あるのか不明)は溜まりに溜まったマイルを使って、南の島にでも行こうと思います。では。

こんばんは、嶋田です。なかなか身辺忙しく更新は滞っています。でもまぁ、長く続けるためには気にしないことです。数少ないリピーターの方には申し訳ありません、嶋田は生きています。
さて、ロンドンに行ったのは早1カ月前の話というから時間が経つのは早いものです。成田にはヴァージン航空のラウンジがあります。下の写真がありますが、何というかイケていません。

vargin1.jpg
vargin2.jpg

無理やりの和風という感じです。居心地もあまり良いものではありませんでした。しかし、当日は忙しく出てきてちょうどお腹もすいていたので軽食はなかなか良かったですね。メニューを以下に示します。

フレッシュ・フロム・キッチン
・フレッシュ・フルーツプレート
・ソーセージとベーコンのサンドイッチ
・スモークサーモンとスクランブルエッグ
・チェダーチーズとトマトのホットオープンサンド
ほかにもベーカリーからパイナップル・デニッシュ、バタークロワッサン、モカ・デニッシュ、バニラ風味のレーズン・デニッシュ、さらにシリアルやミューズリーなどもあります。

チェダーチーズとトマトのホットオープンサンドとシャンパンでお腹を満たして、いざボーディングとなりました。

......PARTⅢへ(若干しつこいですね)

こんばんは、嶋田です。先日、ロンドンから帰国しました。
毎年、夏休みは学会で消えるか、リゾート地で英気を養うかどちらかなのですが、今回はロンドンで妄想をしてきました。というのは計画していたロンドンへの留学が少し先送りになり、国内の研究機関で修行僧となることが決定したからでです。あぁ、憧れのロンドン。

さて、今回は僕がもっとも好きな航空会社であるヴァージンアトランティックを利用しました。僕はANAマイレージ経由で特典航空券をゲットしました。連れはマイル不足なため航空チケットをアメックスプラチナで手配することとなり、ややお高くついた感はあります。ANAとVirgin Atlanticはマイレージ提携をしており、90000マイルでアッパークラスチケットを手にすることができます。しかし、特典航空券だとショーファーサービス(国内送迎、ロンドン市内送迎)が付帯しません。今回は連れの分を購入しているのでショーファーサービスもゲットすることができました。

Virgin Atlanticは日の丸交通と提携しており、ショーファーサービスは日の丸交通での送迎になります。自宅まで迎えに来てくれたのはセルシオ。RIMOWAの最大級トロリーが2個という一般セダンではトランクルームに入らないため、事前に交渉して正解でした。セルシオで快適に成田まで行き、ヴァージンアトランティックのカウンターでチェックイン。今回はヴァージンアトランティックのホームページから事前にonline-check inをしていたため、あっという間に出国できました。スターアライアンスのような専用保安検査場はなく、普通な感じです。

空港内ラウンジはアッパークラスのみ利用することができ、なかなか快適ではありますがヒースロー空港のラウンジに比べるとショボさは否めません。センスもレスです。軽食食べていよいよボーディング。機内デザインはさすがです。

......PARTⅡへ
 

こんばんは、嶋田です。コンチネンタル航空には一度しか乗ったことがありません。アメリカの某医学会に急に出席することになった時に、フロリダまでのチケットがコンチネンタル航空でしか取れなかったという経緯です。あまり好きな航空会社ではありません。今回、そのコンチネンタル航空がスターアライアンスに加盟することになりました。

米コンチネンタル航空、10月27日に「スターアライアンス」加盟へ (REUTERS)

米コンチネンタル航空は17日、10月27日に、ユナイテッド航空の親会社UALなどが加盟している国際航空連合「スターアライアンス」に加盟する見込みであることを明らかにした。10月24日にデルタ航空などが加盟する「スカイチーム」を脱退するとしている。
「スターアライアンス」は1997年に形成され、加盟航空会社は20社以上。1日当たり1万7000機の航空機を160カ国に向けて飛ばしている。コンチネンタル航空は、同社のマイレージプログラム「ワンパス」について、メンバー口座を変更する必要はなく、マイレージ残高も影響を受けないとしている。
(引用終わり)

以前からこんな経過がありましたので順当な話です。
コンチネンタル航空にスターアライアンス加盟を勧める (スターアライアンス)

まぁ、一般的には加盟航空会社が増えることは良いことかなとも思いますが、逆に悪いこともあるかもしれません。嶋田の航空会社ランキングは
1. ルフトハンザ
2. ヴァージン・アトランティック
3. 全日空
って感じです。では。 

おはようございます、嶋田です。
昨年度は2年前に海外を含め飛行機に乗ることが多かったためANAプラチナメンバーでしたが、昨年はあまり海外にも行けず今年度はANAブロンズメンバーに降格されました。大きな原因のひとつにマイレージのルールが改悪されたことがあります。現在のルールではプラチナメンバーになるには多額の金額を必要とします。自腹では厳しい感があります。

ところで嶋田は大きな勘違いをしていました。SFC.jpg
ブロンズメンバーなのでANAサイトログインした後にはブロンズメンバーのカラーである茶色になるものと思っていましたが、スーパーフライヤーのロゴが出てきます。うーん、なぜだろうと思っていましたが、

「ANAスーパーフライヤーの方がブロンズより上級だった」わけですね。

BRZ.jpgサービス内容としてはマイル加算などは同じでアップグレードポイントはSFC4-8なのに対しBRZ10-12とブロンズの方が上です。しかしSFCはStar Alliance Goldなのに対しBRZはStar Alliance Silverなんですね。やれやれわかりにくい話です。

こんばんは、嶋田です。
iPhoneのアプリで産経新聞だけでなくWSJやBloombergなんかも閲覧できるようになり、iPhoneに触れている時間が増えています。

asiana.JPGソウルへはANAではなくアシアナ航空を利用しました。スターアライアンス加盟の韓国の航空会社でイメージカラーはベージュ。非常に地味な印象の航空会社です。仁川空港を利用しましたが、ラウンジは広くありましたが内容はショボく軽食も食べられたものではありません。ANAのサービスレベルの高さを非常に感じました。軽食コーナーの一角には「辛」ラーメンが山積みにされており、皆すすっていて辺り一面すごい匂いになっています。ひどいものです。priority.JPG

仁川空港に「Priority Pass」のマークがあり目に留まりました。これはHUBラウンジ利用案内で今回は時間なく利用できませんでしたが、あらためてスターアライアンスゴールドがあれば、まぁいらない物であることを確認しました。ただ、航空会社ラウンジがあまりにもひどかった場合は利用価値があるかもしれません。

再び嶋田です。先日ソウルに行った話をしましたが、敬愛するRem Koolhaas氏の手がけた「プラダ トランスフォーマー」に行ってきました。以下に記事を引用します。

変化するパビリオン「プラダ トランスフォーマー」がソウルで開幕 (Fashionsnap.com)

pradatf.png「PRADA(プラダ)」は、最新鋭のプロジェクト・スペース「プラダ トランスフォーマー」を韓国・ソウルで開館した。4月25日から展覧会"Waist Down -Skirts by Miuccia Prada"(スカートのすべて)をスタートし、その後5ヶ月に渡って、エキシビジョンやシネマ・プログラム、ライブパフォーマンスなどのイベントを開催する。16世紀に建立された慶熙宮に隣接する土地に設置された「プラダ トランスフォーマー」は、六角形、十字、長方形、そして円といった4つの面からなる四面体のパビリオンで、OMA/レム・コールハースが設計を担当。各イベントが終了するごとに、建物をクレーンを使用して回転させるというユニークな構造が特徴的で、プラダとプラダ財団により、各ステージのために特別なプログラムが開発された。現在開催中のプロジェクト"Waist Down -Skirts by Miuccia Prada"(スカートのすべて)では、プラダが最初に発表したスカートから現在に至るまでの"動きのある"スカートコレクションが展示されている。
6月26日からは、アカデミー賞受賞作品『バベル』の監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが厳選した映画作品シリーズを上映する劇場へと変化。"肉体、精神、そして魂"と銘打つ映画作品の上映プログラムは、多数のジャンルと国々にまたがり、何十年にも及ぶ映画製作者の作品をカバーし、ひとつのトータルな映画体験をもたらす。続いて7月30日より、アートエキシビション"Beyond Control"を開催する。OMAによる建築物の内観を、世界有数のコンテンポラリー・アーティスト達によるインスピレーション溢れる作品のマグマに'変化(transform)' させる。
時と共に姿を変容させるこの「プラダ トランスフォーマー」は、ファッション、アート、建築、そしてクリエイティブ・カルチャーにおける新しい現実を構築する、というプラダの世界的な取り組みの一環で、LG Electronics社、ヒュンダイ・モーター社、およびRed Resource社の協力によって実現した。韓国の歴史、伝統、民族と、21世紀の多次元イベント・スペースが劇的に隣り合わせ、今後、5ヶ月間に渡って変化と再構築を繰り返し、各種の文化的事業が繰り広げられる。
(引用終わり)

こんばんは、嶋田です。都合により先日初めて韓国に行ってきました。インフルエンザ騒ぎではありましたが、特に何事もなく帰国することができました。

parkseoul.jpgソウルにはチケットが取れずにアシアナ航空を利用しましたが、ベージュをイメージカラーとした非常に地味な感じでイマサンです。成田から2時間程度で特にビジネスクラスでなくてもよかったのですが、特典航空券だったのでビジネスクラスで行ってきました。機内食も短距離用の残念な感じで、もらったアイマスクもショボイものでした。言い忘れましたが、嶋田は駐車券だけでなくアイマスクフェチでもあるわけです。全体的に残念な感じで出国しましたが、宿泊先のパークハイアットソウルはなかなかのものでした。

今回はウォン安ということもありパークスイートで十分の広さでした。デザインは日本のスーパーポテトによるものでバスルーム以外はなかなか良かったのですが、二期倶楽部そっくりです。バスルームはデザイン性を重視しすぎてあまりにも使いにくく残念なものです。スパ技術も高く、ウォン安によるところが大きいですが全体的なコストパフォーマンスは非常に高かったです。アメニティはイソップで当直用にゲットしてきました。

ソウルは初めてで一日タクシーでの昌徳宮(チャンドックン)やら宗廟(チョンミョ)の観光もしました。行った主なレストランは以下の通り。
BAMBOO HOUSE(バンブーハウス)
郷鶏苑(ヒャンゲウォン)
石坡廊(ソッパラン)
プロカンジャンケジャン
 

おはようございます、嶋田です。バンガードETFがオーストラリアに上場したり、VEUの小型株版が出るようで各地で盛り上がっています。

ANAラウンジでときどき目にするANAサービス情報誌「SORANA」。大体面白くないので、読むことはほどんどありませんでしたが、今月号は「東京でマイルの達人!」ってなことで一読しました。
SORANA」はANAによると『観光スポットや最新のマイレージ情報、プレゼント企画などなど情報満載!「フライトまでの待ち時間」、「フライト中」、「空港からの移動時間」、何はともあれ、みんなの暇つぶしに大忙しのフリーマガジンです。』ということで、毎月1日発行、ANAが就航する全国50以上の空港(搭乗ゲート前やANAカウンター、ANA FESTA)などに設置しているようです。

「ANAマイレージクラブ攻略最新ガイド」というソソラれるサブタイトルがありますが、内容は超凡庸。。既に違う世界にいらっしゃるサンプラザ中野くん、LEGOの樺山資正さんは僕と同じANAスーパーフライヤーズ会員ということでコメントしています。いずれも甚だしく凡庸です。
ANA AZUREにしてもこのSORANAにしても暇つぶし目的に制作されたものとはいえ、暇つぶしにもなりません。

最近、殊に羽田空港ANAラウンジは混んでいて、日経新聞さえゲットできないことも多々あります。どうでもいい雑誌製作費をラウンジサービスに充ててもらった方が、僕にとってはうれしいです。では。

再び、嶋田です。専らスターアライアンス派の嶋田は可能な限りANAしか使いません。先日、2009年度の顧客ランクが送られてきました。結果は・・・

「ブロンズサービス」+「スーパーフライヤーズ」

格下げです。2007年利用では「プラチナサービス」を死守したわけですが、2008年はマイレージ基準の改悪もありプラチナ達成はできませんでした。もちろん、割高な航空券を買えば達成することもできたのですが、既に永久「スーパーフライヤーズ」なので「プラチナサービス」のメリットは微々たるもので諦めました。

senior.gifさて、そんなANAですが「シニア空割」なんてものを始めるようです。65歳以上が対象のようですが、空席があれば国内どこへでも9000円で乗れるってなことですが、予約はできません。プラス7000円でプレミアムクラスへのアップグレードもできるようです。

僕の父はover65ですが、ぶらりと空港に行って空席を確認するようなタイプではありません。非常に使いにくい商品であることは間違いありません。だから安いんです。では。
 

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

嶋田が撮影加工した写真満載のHDR Practitionerというfotologもやってます。各種問い合わせはtadanobushimada@gmail.comまで

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   





アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

センプレ

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13

BLOG links



アクセスランキング

Investment data

  為替 YOMIURI

  為替 YAHOO

  為替 KITCO