アセットアロケーションの最近のブログ記事

LENNYの懐メロ満載DVD付きです。若干キモイけどかっこいい。
ラヴ・レヴォリューション デラックス・エディション 輸入国内仕様(DVD付)

さて、しつこいですが(続)チラリズムです。



米ドル資産が多いのは仕方ありません。多くの商品が米ドル建てですからね。人民元投資はしていません。ユーロは高くなってからは買っていません。最近ポンドを買い増しています。通貨の分散については「投資戦略の発想法 2008」や「現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる海外投資」でも言及されていますね。

利用金融機関
JPY:証券会社MRF,CITIBANK JPetc
USD:野村證券,CITIBANK JP,HSBC HK,Abbey international UK
EUR:野村證券,CITIBANK JP
GBP:野村證券,Abbey international UK
HKD:HSBC HK
AUD:CITIBANK JP
NZD:CITIBANK JP
CAD:CITIBANK JP
*USD,EUR,GBPはデビットカード決済可能、AUDは必要ならT/Cで決済可能

ひきつづき、チラリズムです。



株式クラス内の内訳です。どうでしょう?
損きり、リバランス後の内容ですが特徴としては①MSCIインデックスと比較すると新興国比率(特にアジア)が多い②米国比率が少ないなど文句をつけられるところはいくらでもありますが、要はリスク許容度の問題と予想ということで解決します。
さらに国別市場時価総額という観点からはそれ程遠からじということかもしれません。
南米、ロシア・東欧、MENAには期待してます。主な投資商品は以下のようなものです。あくまで日本・香港・米国で運用しているものの一部ですが。。

日本:1306(JP),VEU,2812(HK)
米国:VTI,2812(HK)
欧州・オセアニア:EFA,EFV,VGK,VEU,2812(HK)
アジア:JF ASEAN fund,JF single-country funds,JF AsiaOne fund,HSBC Asia-Freestyle,HSBC BRIC-Freestyle fund,2800(HK),2836(HK),2815(HK)
南米:HSBC BRIC-Freestyle fund,EEB,EWZ,GML
ロシア・東欧:Templeton Eastern Europe fund,HSBC BRIC-Freestyle fund,2831(HK),EEB,GUR,TKF
MENA:非公開,信託型ドバイ株ノーロードファンド(予定)

嶋田です。
NYSEユーロネクスト社長、東証との企業相互上場に意欲」とか「東証、上海株価指数ETFを上場へ」とかどっかで見たことのあるようなニュースばかりです。大した話ではありません。

さて現在まで当ブログでは資産配分(アセットアロケーション)などについて具体的内容は割愛してきました。たぶん、誰も人の資産配分なんかに興味もないし「へぇ〜」で終わると思うからでしょう。
今もそう思っておりますが数名の方から僕なんかの資産配分を教えて欲しいなんてメールをいただきました。いただいた要望にはできるだけ答えていきたいというのが当ブログのポリシーでもあります。従いまして情けないものではありますがチラッと公開しようと思います。具体的な投資金額は総資産がすぐにばれてしまうのでやめました(笑)



特徴は①流動性資産が4割弱と多いこと②流動性資産を除くと株式65%、債券18%、不動産5%、商品6%、ヘッジファンド6%程度と比較的オーソドックスな配分になっているなど
・・と特に特徴というほどのものはありません。しかしこれは今回の確定申告にあわせて大幅に損きり(特に日本個別銘柄株式)した結果ですが。。あとは株式クラス内の地域配分、通貨配分なんかについて公開しようと思います。まぁちょっとした気の迷いです。では。

法外な長期労働にやっと出口が見えてきました、嶋田です。 人的資産をまさしく削って労働所得に代えていることを実感します。 このシリーズで僕が使っている計算マクロを公開しようと思っていましたが、当ブログのリンク先に遥かにキレイなものがありますので御紹介に変えさせて頂くことにしました。 こうなると自分の汚いものをお見せするのが恥ずかしくなってきた訳です。 まずNightwalkerさんのブログ「NightWalker's Investment Blog」でお年玉として多資産クラス(最大6資産)のポートフォリオのリターン、リスク、シャープレシオを解析できるエクセルシートが公開されています。 これを使えばサクッとポートフォリオボラティリティが計算できます。±2SD(標準偏差)つまり95%信頼区間を考えれば、許容できる損失額でシュミレーションができるわけですね。 ソルバーを使えば、シャープレシオを最大化するアロケーション解を得ることもできますので秀逸です。 さらに水瀬さんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」では効率的フロンティアのどこに自分のポートフォリオが存在するかを計算してくれるエクセル・マクロが紹介されています。 これはすばらしい。 ちなみに僕のポートフォリオ・パッシブ部門は見事曲線上に乗っており、自分の作ったものでシュミレーションしたものと同じでした。ホッとしました。 過度な宣伝は製作者の意図するところでは無いように思いますのでこの辺りで。直接リンクを張らないこともご了承ください。
まだ仕事が山積みです。やばい、嶋田です。 TOPIX連動型ETF(1306)はマネックス証券で携帯から買うとコストが安いですよ(0.105%、#1306を17万円分買ってもコストは170円ちょっと)。 パッシブ投資家は暇です。 初期段階で各金融商品の選定を行い、何を買うかを決めたら地道にそれを買うだけです。暇です。 僕の場合は海外証券口座での売買をしているので、英語でのやり取り・情報入手が必要になりますが暇です。 パッシブ投資家は何に時間を割くべきか? 商品選定は初期段階では大事です。何をベンチマークにしているか、コストが安い商品はどれか、分配はどうなっているのかなど最初はいろいろ考えます。でもそのうち暇になります。 海外口座では魅力的な(悪魔のささやき的な)アクティブファンドがたくさんあり、インデックス・ベンチマークを遥かに凌ぎ高いコストをもゴミのように思わせてくれる、悪魔の商品を購入することができます。 しかしこれらもある程度すると定期的な検索で済むようになり暇になります。 その後に考えるべきは、やはり投資の8割〜9割の成功を握るアセットアロケーションでしょう。以前「景気のうねり」にあわせてアセットアロケーションをうねらせるといいました。 個人投資家でも自分のポートフォリオの期待リターン、リスクを把握しておくことは大事でしょう。最大損失許容率をまず決め、その後自分の求めるリターンに合うようなアロケーションをしていくことになります。ここで最低限の知識(高校生数学程度)が必要に感じる方も出てくると思います。まとめてみましょう。(必要な用語を列挙します) 平均(average) 分散(variance) 標準偏差(standard deviation;SD) 共分散(covariance) 相関係数(correlation coefficient)
乾燥してますね、風邪には気をつけてください。 乾燥に弱い嶋田です。 アセットアロケーションを考えるのは楽しいものです。 特に無理なリバランスをすることはしませんが、1年〜2年程度何を買っていくかを事前に考えておかないといけない。そういうものが安くなったときに買いを入れる。 ドルコストで定期購入・積み立てのようなこともしていますが、自分には少し合わない方法のようにも思っています。 それより狙った商品をいいタイミングで買うことのほうが好きなようです(買えないことも多々あり)。ドルコストと比べて長期的な成績はどうか不明ですが(数年の経験では平均購入価格は低く買えている)、販売手数料がかかるものに関しては比較的まとまった額で買えることからコストは確実に下がる。 水瀬さんの「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」に似ていますね。インデックス長期投資は暇なのでせめてもの刺激です。 その狙ったものの動きを予想することは大事になります。基本はただひとつ。「景気のうねり」です。 各国の「景気のうねり」を見ていれば大きな間違いを起こすことは少ない。さらにバブル回避にも効果的に働くことでしょう。 「景気のうねり」は①不景気→②景気回復→③好景気→④景気過熱→⑤景気失速→⑥不況突入→①不景気→・・・という循環のことです。 ①〜⑥でそれぞれ何を買うべきかが変わってきます。 それを忘れ狭い視野で買いを入れると高値掴みをすることになりますね。 当たり前のことではありますがもっとも大事な基本事項ですね。ここから外れるとそれは「投機」につながります。 具体的には①②③のときは株式投資、④〜⑤はキャッシュ、⑤〜⑥は債券投資ということです。当たり前ですね。 以下、それらのひとつの指標になる「政策金利」を列挙します。 国   政策金利(動向)  米国   5.25%(→) 日本   0.25%(↑) ユーロ圏 3.50%(↑) 英国   5.25%(↑) カナダ  4.25%(→) スイス  2.00%(↑) 豪州   6.25%(↑) NZ    7.25%(→↑) シンガポール 3.44%(→) 南ア   9.00%(↑)
嶋田です。 最近国別のアローケーションがメタメタで再考しようと思います。 それにはまず一応、最新の市場時価総額を知らなければと。 ご参考になればとBLOGにもアップします。 国別市場時価総額(2006/12/12)  ブルームバーグ      単位(億USD) 年初来(%) 1 米国    174,547 +11.1 2 日本    48,332 -2.4 3 英国    37,787 +23.8 4 フランス  24,594 +32.2 5 香港    18,864 +63.5 6 ドイツ   17,196 +33.7 7 カナダ   14,771 +15.9 8 スイス   11,914 +49.5 9 イタリア  10,652 +31.2 10 スペイン  10,091 +85.3 11 オーストラリア 9,609 +43.5 12 ロシア     9,006 +27.6 13 中国      8.163 +157.6 14 韓国      7,886 +13.5 15 インド     7,738 +41.7 16 ブラジル    6,816 +48.3 17 台湾      6,189 +48.3 18 スウェーデン  5,768 +37.7 19 オランダ    4,860 +42.2 20 ベルギー    3,744 +32.2

おはようございます。
Einthovenです。
今日は資産配分について考えてみましょう。
資産配分といっても何か良く分からない方もおられると思います。
まず資産の分類を知らなければなりません。

以下に列挙します。

①流動的資産クラス;普通円預金、MRF、現金

②日本株式クラス;日本個別株式、日本株ファンド、ETF(株価指数連動型上場投資信託)

③日本債券クラス;個人向け国債、地方債、社債、円MMF、円定期預金

④外国株式クラス;外国個別株式、外国株ファンド、外国ETF

⑤外国債券クラス;外国債、外貨普通預金、外貨定期預金、外貨MMF、外国債ファンド

⑥その他;不動産、REIT(不動産投資信託)、金などの商品、商品ファンドなど

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   



アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13