預金(円・外貨)/MMF/MRFの最近のブログ記事

こんばんは、嶋田です。
幾分マシになったとはいえ、BSTの利回りは残念な感じです。

mmf1.png

嶋田です。ボラタイルな状況は続きそうです。 3年後に海外で勉強・仕事をできるように準備をしています。 その準備のひとつとして、アセットアロケーションを徐々にシフトしています。海外での生活では、もちろん外貨が必要になります。 それが留学という条件であれば、現地での収入はありません。僕は医師という国境を越えられない職業なので(条件あるいは資格試験によっては一様ではない)、一般的に留学・研究という名目になることが多いです。 研究者としてであればある程度の給与をもらうこともあると思いますが、スズメの涙ほどです。 当てにすることはできません。 そういう中期的なビジョンがあると、資産運用は変わってきます。 僕自身は投資を始めた数年前は考えていなかった状況に変わってきており、3年後をメドに条件は留学か研究かは未定ですが、海外生活をする予定でいます。 そこで外貨MMFを多く購入しています。 外貨のキャッシュポジションという位置づけで、3年後には総資産の3割程度が外貨MMFになる予定になっています。 個人的な資産運用のキモは外貨は円転しないで、海外で使う分だけMMFなり普通預金なりでもつというところです。さらに、それらの通貨で決済できるということにも注目しています。ひいては通貨の分散にもなるわけです。 以前「現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる資産運用(改訂版)」を読みました。この著書の中にはこれらのMMFを中心とした通貨分散・円転しない資産活用が書かれていたと思います。そして、今回手に取った同著者の「現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる海外投資」を読みましたが、プライベートバンクにやたらと重きが置かれておりお勧めの著書とは言いがたいものがあります。 乙川乙彦さんのブログ「乙川乙彦の投資日記」でも書評がなされています。では。   
嶋田です。 野村證券で外貨資産を運用しているとひとつの疑問にぶつかります。 外貨MMFがいいのか、野村ボンドトラストセレクトがいいのかということです。 普通一般的には、金利上昇局面では短期ものの高利付債あるいは外貨MMFで運用するでしょうし、金利低下局面にある通貨は割引債で運用するでしょう。 債券クラスを売却あるいは償還した後にMMFにするか、ボンドセレクトにするか迷うとういうわけです。
週120時間労働を達成した嶋田です。 あ〜疲れた。 外貨預金と外貨MMFの税制についての補足です。 Einthoven先生は『利便性』という意味で外貨預金にもいいところはあると言っています。しかし、初期コストについては外貨MMFや外貨FXに勝てないでしょう。 税制面ではどうでしょう? 実のところ税制では外貨預金はなかなか健闘しています。 まず、利子に対しての課税は外貨預金、外貨MMFともに利子所得として分離課税(20%)がかかります。 さらに為替差益はどうでしょう。 外貨預金は雑所得として総合課税が、外貨MMFでは非課税となります。
Einthovenです。 今回からは外国債券クラスについて考えていきましょう。 外国債券クラスには外貨普通預金、外貨定期預金、外貨MMF、外国債、外国債ファンドが含まれます。 最も一般的なものとしては外貨預金でしょう。 最近、各誌でこの外貨預金と外貨MMF(money market fund)を比較しているのを良く目にします(外貨FX; 外国為替保証金取引もありますが今回は割愛)。 いずれもMMFの方に軍配があがっているようです。 その理由の多くは、円からUSドルやユーロ、豪ドルなどにするときにかかる手数料が外貨MMFのほうが安いからです。具体的には、多くの銀行では円から外貨に替えるとき(片道)に1通貨あたり1円程度のコスト[TTS(売値)−為替相場時価]がかかります。MMFではそれが50銭〜20銭程度であるわけです。
Risarisaです[emoji:v-238]。今日から遅めの夏休みです。 明日からパリに行ってきま〜す。 でもかなり、ユーロ高!ですよね。 そこで、今日はわたしの外貨の使い方に関してお話しようと思います。 わたしは海外旅行がすごく好きで、3日でも休みが取れたら海外に行くんです。 行き先はアメリカ(ハワイ・NYが中心)、ヨーロッパ(パリ・ミラノ・ロンドンが中心)、アジア(香港・韓国・上海・バリが中心)など様々です。 昔はすべてクレジットカードで円決済していたのですが、忠信先生に触発されて海外口座(生意気にももってるんです)をつくりました。

こんばんは、Einthovenです。
アセット・アロケーションのうちの流動的資産について考えましょう。
流動的資産クラスは簡単に言えば、すぐ使えるMoneyのことです。
現金が必要なときには銀行でおろしますよね。いつ何時現金の必要性に駆られるか分かりません。

こういったMoneyは最低限レベルで確保し、投資として市場に晒してはいけません。
その金額は個人差があるでしょうが、多くの方は300-500万円くらいあればとりあえず大丈夫でしょう。
ではただ単に銀行の普通預金に入れておけばいいのでしょうか?

答えはNOです。

流動的資産クラスには円普通預金・現金のほか、MRF(money reserve fund)というのがあります。

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   



アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13