医療一般/医療経済の最近のブログ記事

おはようございます。嶋田です。医師アルバイト市況はlow stableな状況が続いています。長期的にはさらなる低迷が避けられないように思いますが、やはり常勤給与においては地方の方が有利なようです。以下にCBニュースから引用します。

「一般病院」医師の月給に8万5千円の"逆"地域格差 (CB News)

全国病院経営管理学会がまとめた「病院給与・勤務条件実態調査」によると、「私的病院」のうち、「地方」の「一般病院」に勤務する非管理職の医師の2008年7月の給与は、「都市」の医師よりも8万5372円高い「逆地域格差」が生じていた。
(中略)
「私的病院」を最も多い病床種別に「一般病院」(123病院)と「精神病院」(21病院)に区分すると、「一般病院」の医師の給与は97万426円(39.2歳)、「精神病院」は97万8542円(40.5歳)だった。「一般病院」を地域別に見ると、東京都や医育機関所在地の「都市」(81病院)では95万1556円(39.5歳)、その他の地域を示す「地方」(42病院)では103万6828円(38.0歳)で、「地方」が8万5272円高かった。これに対し「精神病院」では、「都市」(9病院)が104万3362円(42.5歳)、「地方」(12病院)が96万4653円(40.0歳)で、都市が7万8709円高かった。
(後略, 引用終わり)

僕のようなほぼ平の医師は地方で稼いだ方が良いということでしょうか。同記事に掲載されている表には院長・副院長・医局部科長・一般医師・歯科医師と役職別の給与も比較されており、一般病院においては院長給与が都市部で月30万円以上高いということになっています。年取ったら都市部のマターリ病院で院長なんてのも悪くないかもしれません。では。
 

おはようございます、嶋田です。あまり読むことのなかった「週刊エコノミスト」。ここ2回ほどは医療特集で読んでいます。目新しい話もありませんが以下に紹介しておきます。

20090821org00m020024000p_size5.jpg◇【特集】病院崩壊
・放漫経営で自治体病院の8割が赤字 改革は待ったなし
・山形県 日本海総合病院の誕生 診療科を集約 初年度から大幅収益改善
・福岡県 改革の大ナタを振るう すべての県立病院の直営を廃止
・国立大学病院 今年度8割が赤字の見込み 研究体制も崩壊に瀕している
・私立大学病院 思い切った人材とマネジメント力の強化が必要
・データで見る医師・病院不足 「医療供給」のアンバランスが医師不足を感じさせている
・経営が悪化した自治体病院を引き継ぐ社会医療法人
・医師不足を補う 「ナースプラクティショナー」にかける期待
・医療資源の適正配分 求められる地方分権と医療統計の整備
・DPCデータの蓄積で病院も患者も利益を得る
・レセプト、健診データの活用で医療の質向上と効率化を
・医療機関もグローバル化を目指す

前回の特集は「バイオ医薬」でありこれもなかなか良かったです。以下の記事のような特許切れに絡む2010年問題などの記事も豊富です。では。
後発薬「2010年」で大競争 特許切れで新薬勢も参入へ (Business i)

こんばんは、嶋田です。ときどきネタを提供いただいているキャリアブレインにこんなニュースがありました。以下に引用します。

医師、看護師とも「充足」の病院は8割強 (キャリアブレイン)

厚生労働省はこのほど、2007年度の医療法第25条に基づく立ち入り検査の結果を公表した。それによると、医療法に規定された医師と看護師の標準数を共に充足している病院は85.4%で、前年度から2.1ポイント増加した。これは、病院が医療法で規定された人員や構造設備を持ち、それを適正に管理しているかについて検査するもので、今回は全国の8268病院を対象に実施した。それによると、医療法に規定された医師の標準数を満たしている病院は86.9%で、前年度から1.9ポイント増加した。
地域別に見ると、「北海道・東北」70.6%、「関東」91.7%、「北陸・甲信越」82.1%、「東海」91.0%、「近畿」95.3%、「中国」87.0%、「四国」84.4%、「九州」88.9%となっており、全地域で前年度よりも増加した。病床規模別では、200床未満の病院で80%台だったのに対し、200床以上では90%を超えており、特に500床以上では97.7%に上っている。
(後略、引用終わり)

いろんな解釈ができるデータであるとは思われますが2007年度のデータで、やはり北海道・東北地方を中心に地域格差および200床未満を中心とした病院格差が目立ちます。勝手な想像ですが徐々に充足率は上がってきているのだろうと思われ、民主党がいうような医学部定員1.5倍なんかは増員総数は明記されていないもののあっという間に医師飽和~過剰へと発展することでしょう。やれやれ。

こんばんは、嶋田です。ネット証券の売買手数料競争が激化していますが、デイトレーダーではないのであまり興味がわきません。

ネット証券2社、手数料「業界最安値」競争 (YOMIURI ONLINE)

さて、勝手に送られてくる「日経メディカル」関連で年2回程度「MOMENTUM」というライフスタイル誌が送られてきます。別によくある富裕層向けの薄い雑誌です。企業とのタイアップによる広告収入を主な目的としていると思われ調べてみると、以下のような掲載料が見つかりました。

・パターンAMomentum純広告4C1P 160万円
・パターンBMomentumタイアップ4C1P 190万円
・パターンCMomentum純広告4C2P 260万円
・パターンDMomentumタイアップ4C2P 320万円

momentum.jpgへぇ~。医者を中心とした比較的裕福と思われる客層に効果的に不動産を紹介するということなのでしょうが、ここに書かれている読者平均年収に驚きます。

日経メディカル 開業医3064万円 / 勤務医1643万円
日経ベンチャー 経営層1621万円

ということです。随分もらってるなぁ~と思いましたがサンプルの平均年齢が以下の通りで納得しました。

日経メディカル 56.4歳
日経ベンチャー 52.8歳

日経メディカルってこんなに読者層が高かったのですか。ちょっと驚きです。45歳あたりだと思っていました。では。

こんにちは、嶋田です。ブログを書く理由なんて考えたこともありません。敢えて言えば「せっかく始めたから」。基本的に過去への投資で、損切りできないタイプです。

ブログ作成の動機、男性は「社会に向けて」、女性は「友達に読ませたい」 (RBB TODAY)

2008091100008573-1.jpgさて、今週の東洋経済は「徹底ルポ 地域・救急・がん医療の現場 病院・診療所」と医療特集です。以下に目次を引用しましたが、よくある話です。「開業医妻のホンネ」もやや残念な感じです。

PARTⅠ
P.38 地域医療の崩壊 病院から医師が消え診療科目が空洞化
P.38 〔三重県〕 県立病院から放り出された住民の不安
P.42 〔千葉県〕 自治体病院が次々と崩壊、救急車の立ち往生も常態化
P.46 〔大阪府〕 橋下知事が大絶賛した府立病院改革の光と陰
P.49 〔高知県〕 オリックスが手掛けた病院PFI事業がわずか5年で破綻
P.50 解説│自治体病院はなぜ窮地に追い込まれたか
P.52 INTERVIEW│医療再生を問う(1) 山田啓二 京都府知事
「国民健康保険の運営は都道府県単位で一元化を」

PART II
P.54 診療所の危機 診療所を揺るがす改革と制度のカべ
P.54 診療報酬オンライン請求義務化でも医療のムダは削れない
P.57 開業医妻のホンネ│「優雅な院長夫人など夢。結構、苦労しています」
P.58 診療報酬が安くてやっていけない、有床診療所が消えてゆく
P.60 日本医師会の変心で迷走する「総合医構想」

こんばんは、嶋田です。GM破産は織り込み済みもドル安・円安強烈です。
前回の記事で新たなオイタさんを発見しますた。医師ネタもあるので当ブログでもかろうじて扱うことができます。ねたゲットw。

最近はCadettoのアラフォー女医覆面座談会でも言われているように「医者の男と結婚するのはおやめなさい」って流れです。「サイゾーウーマン」なるサイトに「水谷舞の合コン四季報」なる連載記事があります。かなりキテます。必見です。以下に一部引用抜粋します。

・元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上! の自称"合コン総研アナリスト"水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!
・CAと医師のカップルは石をぶつければ当たるほど昔から多く(ただし離婚率も高し)、結婚相手としてパイロットに次ぐ人気の職業です。という訳で、合コン総研水谷舞の出勤です!
・桃の節句過ぎし日の夜。西麻布の和食屋でスタート。女性参加者にはミスコン受賞者、モデルを揃え、誇り高き医師の満足度を存分に満たす布陣を組みました! K医師、O氏は共に慶応大学病院勤務、しかも医師不足が問題視されている激務の産婦人科医師。
・「婦人科検診はいつでも来てね。診てあげるヨ♪」とK・O両医師そろって声明発表。その瞬間、女子は後ずさり......。
・◎合コンメンズ判定★★★☆☆
 社会的信用度が高く高収入と言われる医師ですが、激務と重責で多大なストレスを抱え込んでいます。真冬でもホットパンツか谷間見せファッションを装い、彼の癒やしになってあげましょう。デート前には『白い巨塔』DVD全巻を観て予習し、延々と続く彼の愚痴や野望に理解を示します。妻となった暁には、夫が仕事に専念できるよう、家事育児の一切合財を引き受ける覚悟が必要。カタブツが多いと言われる医師の中でも、産婦人科医は特に優しくて紳士的なタイプが多いのが特徴。数ある診療科目の中で、あえて過酷な労働環境の産婦人科を志した男気と使命感を評して★3つを進呈します!

水谷 舞
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、"合コン総研アナリスト"として活躍中。公式ブログ「MY FAVORITE THINGS」も随時更新中。
 

おはようございます、嶋田です。先日元記事紹介したYUCASEE MEDIAにカリスマブロガーとして現役産科医師のBermuda氏の記事がありました。彼はブログを書く上で大事な要素として「読者対象」「内容」「趣味」の3つだといいます。以下に記事を抜粋します。

売れっ子作家も驚くブログの作り方」 (YUCASEE MEDIA)
 「読者対象は絞った方がよく、内容は自分が読んでいておもしろい物で、そして、自分の趣味を混ぜて書く、ということでしょうかね。読者対象は広げると理解や読解の個人差が出てしまい正しく伝わりにくくなるし、内容は自分が好きなことを書かないと続きません。あと趣味を入れることで内容にも幅が広がってきます」
(引用終わり)

当ブログはというと、、、
「読者対象」 あまり考えたことがありません。
「内容」 すべて思いつきです。
「趣味」 入れているつもりです。

さて、インパクトあるダイレクトメールタイトルで有名なリンクスタッフのサイトです。

求む!日本人歯科医師
歯科医師の国内需要は飽和し、ワーキングプアとまで言われている歯科業界ではきっとこれから海外進出が盛んになるでしょう。日本の技術を新興国にってわけです。とは言え、最近ではもともと優秀なインド人や中国人も留学など盛んになっていますから日本ブランドも限定的でしょう。結局は「日本語」という特殊な領域での需要になるわけです。

おはようございます、嶋田です。神戸ではマスクが品切れらすィです。

ときどきネタにさせていただいている「ZAITEN」。医療ネタはなかなか面白く書かれているのが特徴です。今月号の特集は「歯科医 倒産・廃業」ってなことで昨今の歯科業界の苦境が記事にされています。以下に一部引用します。

ZAITEN 2009年06月号
・特集:5人に1人が年収200万円以下、急増する「ワーキングプア歯科医」
歯科診療所は全国で6万8000件。コンビニエンスストアの店舗数より多い。だが、患者数は増えず、保険医療費も伸びないなど経営環境の悪化は著しい。東京都内では実に1日1件のペースで歯科医が廃業している。
・特集:志願者が激減する歯科大・歯学部の「惨状」
現在、27大学29学部にある歯学部。そのほとんどが少子化や経済不況などで激しい経営を強いられている。なかでも歯学部全体の定員の8割を占める私立歯学部の受験生離れは深刻だ。

その他、流れ着くところはインプラント治療であり、歯科医師の10人に1人が日本口腔インプラント学会の会員であるというのだから驚く。さらに歯科国家試験合格率について2007年では最高95.0%の北大から最低41.7%の松本歯科大学と大きな開きがあるということなどなど、歯科医師過剰に加えてこの不況で患者数は増えずキツイっしょ的なことがいろいろ書かれています。では。
  

こんばんは、嶋田です。最近の韓国お土産の定番はBBクリームだそうで、いっぱい買って配りまくってきました。IKKO効果は韓国においてもあるようです。

さて、以前きもキャラを発見した「日経WagaMaga」。新たな方が登場しました。富家孝(ふけ・たかし)氏は72年慈恵会医科大学卒の医師で現在医療コンサルとか新日本プロレス・リングドクターなんかをされているようです。以下に記事の一部を抜粋します。

危ないお医者さんはこう見抜く (日経WagaMaga)

・「大学病院は優秀な医師が多く、研究も進んでいるはずだから、いざという時は頼りになる」。こんな思い込みを持っている人が結構多いようだ。だが、この思い込みは全くの勘違いと言える。そもそも大学病院は地域の総合医療への貢献を第一の目的としているわけではないのだ。今の大学病院は、最高レベルの医療機関というより、むしろ職業斡旋所、もしくは官僚の天下りシステムに似た仕事セーフティーネットといった性格の方が強い。
・個人経営の病院について、患者が比較的簡単に「危ない病院」を見抜くには、いくつかのチェックポイントがある。例えば、やけにすいている病院。待ち時間の少ない病院に行きたがる人は多いが、患者の評判が悪く、経営状態が悪い病院である可能性もあり、疑ってみる必要がある。スタッフが少ない病院や、若い看護師ばかりの病院、受付が無愛想な病院、規模に比べて診療科目が多い病院なども、要注意と言える。
・患者と医師の間柄は、嫁と姑(しゅうとめ)に似ている。往々にして利害は一致しない。有り体に言えば、患者を治さない方が病院の利益になる場合だってある。過剰な検査や、大量の薬処方はそうした経営優先の態度の現れだ。本来は不要かも知れない検査や投薬を、利益のために押し付けてくる医師はそこら中にいる。だから、医師を信じ切ってしまうのはよそう。そして、信じるに値する医師との巡り会いに費やす手間と時間を惜しまない事だ。
 

こんばんは、嶋田です。インフルエンザ騒ぎで大変なことになっていますが、速やかに終息してくれることを祈ります。
さて、医学翻訳者の需要が増えているということです。国際学会発表や海外雑誌投稿が当たり前のように行われていますが、英訳を業者に依頼するケースが増えているのでしょう。以下にこんな記事というか宣伝がありましたので引用します。

需要急増の医学翻訳者を目指す 『医学翻訳コース』体験レッスン (AFP BB NEWS)

BABEL UNIVERSITYでは、医学翻訳者を養成する「医学翻訳演習コース」を2009年5月に開講します。需要が高く、高収入が見込めるメディカル翻訳ですが、メディカル翻訳と一口に言っても基礎医学、臨床医学、薬学、医療機器など分野は多岐にわたります。
専門知識の有無が翻訳力に影響するのは言うまでもありませんが、メディカルサイエンスに対する深い関心と旺盛なリサーチ意欲があれば、文系・技術系出身者を問わず学習できます。
体験レッスンでメディカル翻訳の世界の一端を紹介しようというタイムリーなイベントです。

BABEL UNIVERSITY春期講座 医学翻訳演習 体験レッスン
■日時:2009年5月12日(火) 19:00~20:30
■場所:Babel University六本木キャンパス
■講師:小川由英(琉球大学医学部名誉教授)
■参加費:無料
■定員:30名
(引用終わり)

へぇ~。僕は利用したことはありませんが、こんなのがあるんですね。それほど需要があるとは思えませんが、色々あるようです。
PALABRA
of base medica

こんばんは、嶋田です。政府は何かあれば「ETF」を買い取るようです。そりゃそうか。

株式買い取り、ETFが対象 政府・与党、12年3月末まで (NIKKEI NET)

さて、どこかの国のように物資が末端まで届いていないようです。もちろん、僕にも届いていません。以下にNIKKEI NETの記事を引用します。

医師の報酬増、45%どまり 診療報酬改定 (NIKKEI NET)

厚生労働省は15日、2008年度の診療報酬改定で新設・内容変更を実施した加算制度が病院勤務医の負担軽減につながったかを検証する実態調査の結果を発表した。加算対象の病院のうち、医師の給与や手当などの報酬を増やした病院は45%にとどまった。医師の事務作業の補助体制整備に取り組んだ病院は77%に達したが、報酬増にはつながっていない実態が分かった。
調査は勤務医の負担軽減目的で設けた「医師事務作業補助体制加算」など3種類の加算のいずれかを届け出た1151病院が対象で、516病院から回答を得た。
医師への経済面の処遇について「改善した」と回答した病院は45%。このうち基本給を増やしたのが36%、手当を増やしたのは75%。特定の診療科の手当を増やした病院では「産科または産婦人科」が79%で、最も多かった。
(引用終わり)

こんばんは、嶋田です。株高円安が進んでます。
皆さん、聴診するときは服はどうしますか? もちろん理想は全部脱いでもらって、なのですが。。逆に聴診されるときはどうしてますか?
帝人が服を着たままで聴診ができる聴診衣を開発したようです。健康診断などではニーズがあるでしょうか。以下に記事を引用します。

帝健、着たままで聴診ができる聴診衣を開発 (日経トレンディネット)

帝人グループで特殊・高機能繊維素材を利用した製品を製造・販売している帝健(本社:大阪市)は2009年3月25日、健康診断などのときに着たままで聴診ができる聴診衣を開発したと発表した。5月をめどに学校、医療機関向けにレンタルを開始する予定。販売価格は未定。
親会社のNI帝人商事(本社:大阪市)が取り扱っている超極細繊維「テイジンミクロスター」を使用したシャツ。高密度でしなやかな生地のため、通常のシャツのように、皮膚や聴診器との摩擦音が聴診時にじゃまにならず、伝音性も高いという。
小中高校など、思春期の女性が含まれる学校健診では、聴診の際に上半身裸になるのが嫌という生徒も多く、着たままで聴診ができれば心理的抵抗を弱めることになると考え開発した。また、事前に聴診衣に着替えておくことで、診療の効率化も図れるとしている。
開発では、近畿大学医学部堺病院呼吸器内科部長の長坂行雄教授と協力した。特許出願中。今後は、都ユニリース(本社:岡山県倉敷市)と提携してレンタル展開する。すでに日本工業大学(所在地:埼玉県宮代町)の採用が決まってという。
(引用終わり)

BLOG rankings

  励みになりますので m(_ _)m
  ↓ポチっとお願いします
  医師ブログランキング 医師ブログ 

プロフィール:嶋田忠信
PO開発中の医師。比較的若手。医学/金融/工学/小説に強い興味を持ち、人生のすべてをこの4つに投資したいと考え生きている中途な人間である。ブログ創設者Einthoven氏は隠居され、仕方なくBLOG alone。好きな酒はテキーラとシングルモルト、Álvaro Sizaを尊敬し、Vivienne Westwoodを愛用する。当然素数は好きで近々スタンド能力が出現することを確信しているが、とりあえずLDL178だったのでstatin内服に踏み切った。現在ARB/aspirin検討中。現実的には抗酸化能力のあるスタンド希望(弱そうなスタンド名募集中)。

嶋田が撮影加工した写真満載のHDR Practitionerというfotologもやってます。各種問い合わせはtadanobushimada@gmail.comまで

※当ブログは原則リンクフリーですが、単なる広告宣伝目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますので、よろしくお願い致します。

※投資判断は自己責任でお願いいたします。当ブログ内の情報により損失を被ったとしても管理人は責任を負いません。また当ブログ内容の無断転載を禁じます。予めご了承ください。

   



アメリカン・エキスプレス

Apple Store(Japan)

 iTunes Music Store(Japan)

Web広告限定ストア[120x60]

hhstyle.com

Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー)

シマンテックストア

















アフィリエイトはA8.net
バリューコマース
リンクシェア
アクセストレード

ネットショップは楽天市場

※免責事項として当ブログはアフィリエイト広告を掲載しておりますが、商品の品質を保証するものではございません。予めご了承の程お願いいたします。

Powered by Movable Type 4.13

BLOG links



アクセスランキング

Investment data

  為替 YOMIURI

  為替 YAHOO

  為替 KITCO